夢や希望を叶えるための本気度は、短期的な勢いでは継続した積み重ねができない。努力が当たり前になるまで毎日コツコツ積み上げていくことで、良い習慣が身につき、良い循環ができる

夢や希望を叶えたいと願って行動をはじめても、行動を継続することが困難な人がいます。

夢や希望を叶えるためには、自分の本気度を上げた状態を長期間にわたり、維持していかないといけないのです。

夢や目標を達成するまでの歩みは大変で、短期的な勢いでは継続した積み重ねができないのです。

努力が当たり前になるまで毎日コツコツ積み上げていくことで、良い習慣が身につき、良い循環ができるので、継続した積み重ねができる自分になりたいですね。

いくら夢を叶えたいと思っていても、本気度を出した継続した積み重ねが必要なのですから、多くの人は、途中で挫折してしまうのです。

どうしても、夢や希望を叶えるためには行動を続けて、大量行動をすることが必要なのですから、気合や根性、意志の力では、本気度は短期的で終わってしまうのです。

ですから気合や根性、意志の力ではなく、はじめから長期戦で、夢を達成するという思いを持っていたほうが良いのです。

毎日コツコツと続けていけば、どんどん本気度が育っていくので、努力が当たり前になるまで毎日コツコツ積み上げていくことで、良い習慣が身につき、良い循環ができる

続けることができなければ、夢を叶えることはできないので、努力を続ける、努力をするのが当たり前になるまで継続した積み重ねをしたいものです。

順調に継続していけるようになるには、最初から大きな努力をするのではなく、はじめはごくごく小さな行動からはじめていくことです。

その小さな行動でしたら負担なく行動できますので、そこから徐々に負担を増やしていけば良いのです。

このような小さな行動を無駄だと思って努力をしない人もいるのですが、それはプライドが高いことによって行動できないのです。

プライドが高いと、ごく小さなことも始められないので、小さな行動を軽く見ないことです。

継続した積み重ねを経験した人であればわかると思いますが、小さな積み重ねの効果は思っているより大きいのです。

行動を始められなければ前進していけませんので、最初の第一歩を踏み出していきましょう。

行動を続けるというシンプルな行動を軽んじたために、前進していくことができない状態になってしまうことは残念なことです。

通常、プライドが高い人が、プライドを壊すことは、かなり難しいのですが、まずはプライドが行動の邪魔をしていることに気付くべきなのです。

自分は優秀ではないので誰よりも学ばないといけないと思っている人のほうが簡単に行動できますので、そんな考え方に転換することで、プライドを壊すことができます。

自分に自信があれば、プライドなどを持つ必要はないのです。

自信を持っている人は、自然に感じられるのですが、プライドというのはなんか、不自然ですね。

夢や希望を叶えるための本気度は、短期的な勢いでは継続した積み重ねができないのです。

努力が当たり前になるまで毎日コツコツ積み上げていくことで、良い習慣が身につき、良い循環を作り出していきましょう。


スポンサーサイト

変化が激しい今の時代に適応するため、いろんなことに挑戦して体験を積むことで主体的な行動から創造ができる

変化が激しい今の時代に適応するため、いろんなことに挑戦して創造力を身につける必要があります。

創造力を身につけるためには主体的な行動が必要なので、主体的に学んだり、主体的に実践をしていくようにするべきです。

いろんなことに挑戦して体験を積むことで、新しい創造ができるようになるので、受け身でいてはいけないのです。

変化が激しい今の時代に適応するためには、新しいことが創造できるようにならないと、時代の流れに取り残されてしまうのです。

常に新しいことを創造していかないと、時代の変化に対応できないので、今までの、古いやり方は、どんどん手放して、前進していくべきなのです。

創造するためには、古い考えを手放し、新しい答えを見い出すということです。

先が見えない答えがない時代においては、答えを見い出すことができる自分であるべきなのです。

今まで正しかった答えはこれからも正しいとはいえませんので、どんどん新たなものへと変えていき、柔軟な適応力を身につけていきたいものです。

ですから変化が激しい今の時代に適応するため、いろんなことに挑戦して体験を積むことを日々の歩みにとりいれていきたいですね。

主体的な行動から創造ができるので、これだけをやっていれば、何とかなるというものはありません。

体験を積み重ねることで、自分の答えを自分で見つけられるようになるので、多くのことに挑戦をする姿勢が必要です。

主体性と大量行動を日々積み重ねていけば、どんどん自分の創造力を高めることができるのです。

変化が少ない時代であれば、受け身の人であってもどうにかなったのですが、これからの時代は受け身では、時代のながれに取り残されてしまうのです。

努力の行動をしている人であれば、どんどん実力がついてきますので、行動を積み重ねていきましょう。

努力というのは本能に逆らうことなので、もしも行動からの努力が苦痛に感じるのであれば、方向転換するのも良いでしょう。

人間というものは、やっていて楽しく感じないのであれば、長続きしないのです。

行動していくことで、楽しいのか、そうでないのかがわかってきますので、行くべき道が違っているのなら、いち早く気づき、方向転換するべきなのです。

楽しく行動できるもなら積み重ねはできますので、継続することにより、成果が見えてくる時期まで前進でき、成長欲求を満たすことができるのです。

ここまで到達できれば本心が満たされて、よりやりがいが出てくるのです。

主体的に行動することを続けることで、本心の基準も上がっていきますので、相乗効果で前進していけるのです。

受け身でいては、いつまでたっても本能が強化されていきませんので、どんどん時代の変化に対応できなくなってしまうのです。

変化が激しい今の時代に適応するため、いろんなことに挑戦していくべきです。

いろんな体験を積むことで主体的な行動から創造ができるので、時代の流れに乗れるのです。

これからは、過去のものは必要なくなっていくのです。

新しいものが必要になる時代ですので、何を創造できるのかで生き残る道が開けてくるのです。

もう、求められている基準がどんどん上がってきています。

それに対応できる自分になるため、知識や技能、考え方のレベルを上げていかなければならないのです。

受け身のままでいると、追いついていけないので、知識や技能、考え方のレベルを上げていけるように、いろんなことに挑戦して体験を積むことです。

主体的な行動から創造ができるあなたに向かって歩んでいきましょう。


夢を叶えるための行動や努力は本能に逆らうことで、ストレスやプレッシャーがあることによって、行動をするしかない原動力になる

夢を叶えるための行動や努力は本能に逆らうことなので、多くの人は、継続できないで、途中で諦めてしまいます。

ストレスやプレッシャーがあることは、行動をするしかない原動力になるので、継続できないで、途中で諦めてしまうことを防げるのです。

日ごろ行っている無意識の行動は、無意識に願っていることからの行動をしています。

ですから人は、無意識に願っていることを行動しているのです。

無意識なので、自分が何を願っているのかが、意識できないで行動しているのです。

夢や希望が叶うように、心で願っているつもりでも、本当に願っていなければ、叶えるための行動ができないのです。

夢を叶えるための行動や努力は本能に逆らうことなので、意識が薄いと夢を叶えるための行動や努力に集中したり、継続したりすることができないのです。

そんな時、ストレスやプレッシャーがあることによって、行動をするしかない原動力になるのです。

行動や努力は本能に逆らうことなので、本気度がなければ継続することはできません。

頭だけで願っても、夢や希望は叶えられないので、夢を叶えるための行動や努力に自分の時間やエネルギーを投資していくべきなのです。

行動をしなければ、何も起こらないし、本能の思いのまま、手を抜いたり、楽をしたり、サボりたい気持が出てくるのです。

一番やっかいなのが、敢えて努力をしなくても、何とかなっていく環境にいる時です。

努力をしなくても何の支障もないので、行動や努力をする必要がない環境です。

そんな環境にいる時、心から願えるようになるためにはストレスやプレッシャーが必要なのです。

ストレスやプレッシャーがあることによって、行動をするしかない原動力になるので、適度なストレスやプレッシャーは必要なのです。

行動ができる人は何らかのストレスを感じているので、行動がするしかない環境があることは、恵まれているともいえるのです。

人間というものは、油断するとサボッてしまうものなので、自分で自分を追い込んでいかないといけません。

成功者の多くは、自分で自分を追い込んでいくことができるのです。

他の人から追い込まれて行動や努力をするより、自分から主体的に行動している人でありたいですね。

自分自身を管理し、追い込むことができる人は、自分の持っている時間やエネルギーを夢や希望を叶えるために、集中して使うことができますので、どんどん前進していけるのです。

これからの時代は変化が大きくなってきますので、行動してこなかった多くの人が環境的に追い込まれてしまうのです。

環境の変化に対応できないでいると、否応なしに追い込まれ、時代の流れに取り残されてしまうのです。

ですから追い込まれる前に自分を追い込んでいくべきです。

そんな時、ストレスやプレッシャーがあることによって、行動をするしかない原動力になるのです。

行動は、あなたが心から願った通りの行動をしているので、本気で願いを叶えたいのであれば、自分の持っている時間やエネルギーを夢や希望を叶えるために、集中するべきです。

そのためにも、自分で自分を追い込んだり管理する必要があるので、他の人や環境に追い込まれたりする前に、生ぬるい環境の中を抜け出していくべきなのです。

夢や希望を心から願えるようになれば、願いを成就することができますので、夢を叶えるための行動や努力に集中していきましょう。

過去の記憶によってプライドに執着すると、前に進めなくなるので、プライドという重荷を下ろし、過去を手放す

生きていると、いろんなことに出会います。

良い思い出、悪い思い出、いろいろな記憶が残ります。

その中の、過去の記憶によってプライドに執着すると、前に進めなくなるので、プライドという重荷を下ろし、過去を手放す必要があります。

プライドという重荷を下ろし、過去を手放すことで、プライドという記憶を壊す必要があるのです。

プライドは、過去から自分で築き上げたものなので、プライドという重荷を下ろし、過去を手放すことで、プライドがどんどん小さくなります。

どうでもいいくだらないプライドを持っていては、前進していけませんので、いちはやくプライドを壊す必要があるのです。

完全に過去を手放すということは、そんなに簡単にできるものではありません。

ですから、記憶を消すことが難しいと思うなら、モノを捨てたり、情報を捨てるという、簡単にできる行動からやっていくと、スムーズに捨てることができるのです。

プライドがなくて自信がある人になれると常に未来思考なので、どんどん前に進んでいくことができます。

自信は未来に持つことで、本来の力が発揮できますので、過去から積み上げた体験を自信に繋げたいものです。

過去の記憶によってプライドに執着すると、前に進めなくなるので、プライドという重荷を下ろし、過去を手放す。

自信の効能を得るには、未来にむけての自信が必要ですので、過去に自信を持っていても、使い物にはならないのです。

過去の自分でコントロールできないものを手放していくことで、プライドを少なくし、自信を高めていくことができますので、プライドを手放し、真空状態を作っていきたいものです。

どんどん抱えるものを少さくしていき、プライドを小さくしたいものです。

現代の変化のスピードがはやくなった今の時代には、過去から築き上げたプライドはにこだわっていると、時代の流れに取り残されてしまうのです。

即時代遅れになってしまわないように、過去に通用していた知識や技能や考え方を、どんどん手放すようにしていきましょう。

新しいものを入れるためには、古いものを手放す必要があるので、どんどん古いものを手放して、新たなものを入れる、真空スペースを作っていきましょう。

自分に自信がないと言っている人の傾向性として、プライドを手放さないというものがあるので、そのままではいつまでたっても自信が持てないのです。

過去がどうであったかということ、今がどうであることは重要ではないのです。

未来がどうなるかが大事ですので、どんなに過去に栄光があっても、手放していくべきです。

過去の記憶によってプライドに執着すると、前に進めなくなるので、プライドという重荷を下ろし、過去を手放すようにしていきましょう。

相手の成長を妨げない。依存をさせないようにすると、自立ができ、自分で自分を成長させることができる

相手の成長を妨げないようにするため、依存をさせない指導をする必要があります。

依存をさせないようにすると、自立ができ、自分で自分を成長させることができます。

自立をさせるために、依存をさせない指導をするのです。

そうすると、自立せざるしかないので、自分で自分を成長させることができるのです。

自立をさせるために、依存をさせない、依存をする傾向のある人は、自分で出来ることでも依存をしてくるので、気をつけたいですね。

インターネットが普及した今、検索すれば、多くの情報が出てきます。

中には調べれば分かることを簡単に聞いてくる人は注意です。

できることは、自分でする。

何の努力もしないで頼み続ける人にならないように、依存をしている傾向が見られたら、依存をさせないようにすると、自立ができ、自分で自分を成長させることができるのです。

依存ができないことがわかれば自立をするしかないので、必要以上にやってあげたり、親切にする必要はないのです。

自分で出来ることは、できるだけ自分でさせるということが、愛なのです。

やってあげることで、相手の成長を妨げてしまわないように、気をつけなければなりません。

子供の教育においても、できることと、できないことをしっかり確認し、できないことを、どうすればできるようになるのか、相手の成長を妨げないようにする必要があるのです。

自分でさせることによって、成長ができるので、やたらと答えを教えてはいけないのです。

頼見事であっても、何もかもするのではなく、依存をさせてはいけないのです。

相手の成長を妨げない。

依存をさせないようにすると、自立ができ、自分で自分を成長させることができるのです。

心理的に自立している人であれば、依存している人は簡単に分かります。

自分で行動をする習慣を身につけていかないと、絶対に成長できないので、自分で行動したり、自分で努力をする習慣を身につけていきましょう。

このように考えると、常に依存ができる環境というものは、不幸な環境であるのです。

本人の自立意識がなかったり、依存できる環境の中に長くいると、依存体質になってしまいますので、気をつけたいものです。

時代の流れがはやくなった今、いろんなものが、どんどん変わっていくのです。

そんな環境に対応するには自立するしかないのです。

そんな時代にうまく対応できる人財に育てるには、自立をさせる指導が必要なのです。

追い込まれた時、誰にも依存ができないことがわかれば、自分で何とかするのです。

自分の意志で、行動するしかない環境を、作り上げるあげることで、成長させてあげることができるのです。

全ての人に、自己責任がありますので、他人の自己責任は、干渉してはいけないのです。

相手の成長を妨げない。

依存をさせないようにすると、自立ができ、自分で自分を成長させることができるので、自己責任を干渉してはいけないのです。

今後、同じことを何度も聞いたり、同じことを何度も頼んでいる傾向性が感じられたら、全く成長できない環境にいますので、気をつけなければなりません。

本人でも出来ることなのか、できないことなのかを見極め、自分でできる方向へと誘導していくべきなのです。

中には自分で出来ることでも面倒なので、人に頼む、利用する人もいますので、依存をしてくる人のペースにはまってはいけないのです。

何でもかんでもやってあげるのが、親切な人ではないのです。

やってあげることを手放し、敢えてやらないことを決断するのが愛なのです。

あえて冷たくすることで、依存できなくなるので、成長ができるような環境を作ることも、愛なのです。

自立をするしかない激動の時代だからこそ、依存をさせない、自分で何とかするしかない環境で成長させる必要があるのです。

自分で自分を成長させる歩みをしていきましょう。