知識では考え方を変えれないので根本的な考え方を変える

知識では考え方を変えれないので
根本的な体験をして
考え方を変えなければいけません。


考え方を変えるため
書物から学ぼうとする人がいますが

知識では考え方を変えれないのです。


ですから知識を学ぶことと平行して
行動をしていき

いろんな体験を積んでいくことで
考え方が変わるのです。


日常生活では、あなたは
あなたの考え方の通りに
言葉を発っしています。


あなたはあなたの考え方の通りに
行動しています。


ですから考え方を変えなければ
根本的な転換ができないのです。


転換していこうと思ったとき
一番困難なことが
考え方を変えることです。


根本的な考え方を変えることをしないと
結局変えられるのは
表面的なものだけに変わってしまうのです


根本的な考え方を
変えることをしていかないと
言葉や行動は、変わらないのです。


根本的な考え方を変えるには
時間がかかりますが

無駄な情報を、できるだけ入れないで
必要な知識だけを学んで

そこから行動を続けることで
変えることができるのです。

はじめは今まで積み重ねてきた考え方が
固まっていますので、やっても変化が
感じられないかもしれません。


時間はかかりますが
知識では考え方を変えれないので

根本的な考え方を変えることを
積み重ねていくことで

だんだん自分の変化に
気がついてきます。


考え方は、行動からの体験を
積み重ねていかないと

変えられません。


体験は、一度だけであっても
身体が覚えているので
忘れないようになっているのです。


ですから一度できるようになったことは
またできますので

できることを、体験を通して
増やしていきたいものです。


どんどんできることが増えていくと
自分自身への自信を
持つことができるので

心に余裕を持つことができたり
考え方を変えられるようになります。


しかし、知識だけで、行動しないで
考え方を変えようとすると

知っていることとできることのギャップが
どんどん広がっていきますので

壁に当たり、途中から
前進できなくなってしまうのです。


そんな場面にぶつかると
空しさを感じてしまったり
知識の壁にあたってしまい

前進できなくなるのです。


知識だけを学ぶだけなら
比較的多くの人が
取り組むことができるのですが

体験までする人となると
限られた人と
なってしまうのが現状です。


ですからいきなり
大きな体験に挑戦しても
挫折してしまいますので

まずは、小さな体験から
取り組んでいくようにすると良いですね。


ハードルを下げることにより
継続できる可能性も広がりますので

はじめは何の支障もない
ハードルが低い体験から
はじめてみましょう。


インターネットが普及した今
検索すればほとんどの情報が
公開されているので

いくら知識を学んでも、情報には
価値がない時代となりました。


知識では考え方を変えれないので
根本的な考え方を変える必要があります。


どんなに価値ある知識であっても
体験しなければ、知恵に
変換することができないので

学んだら、かならずそこから行動する。


これからの変化のスピードが
はやい時代であっても

知識と知恵があれば時代の流れに
ついていけますので

体験を積み重ね、知恵を見い出す
器を広げていきましょう。


体験を積み重ねることで

あなたの貴重な資産が
増えていくことになりますので

そこからの、知恵を
見い出すことができるのです。


考え方の転換をするため
まずは小さな行動からはじめていき

楽に継続できるようになったら
序所に大きな体験を
していくようにしていきましょう。


数日の行動では
変化が見えないかもしれませんが

習慣になると言われている
3週間がすぎるころには
自分の変化に気がついてきます。


それからは、序所に大きな体験に変え
それも習慣化することにより確
実に前進できるのです。


知識では考え方を変えれないので
行動からの体験で

根本的な考え方を
変えることをしていきましょう。
スポンサーサイト

コントロールができない過去の執着を手放し、未来に対する夢や目標に執着する

コントロールができない過去の執着は
手放すべきです。


どうにもできない過去に執着するより
未来に対する夢や目標に
執着するべきです。


未来に対する夢や目標に
執着していくことにより

希望を持って
前に進んでいけるのです。


しかし、多くの人が
過去に執着をして

未来の夢や目標を達成しようと
行動していないですね。


未来に対する夢や目標に執着しないで
諦めてしまっていては、前に進めません。


執着することと、執着しないことが
反対になってしまっているのです。


過去に対する解釈は
コントロールすることができるのですが

出来事はコントロールできないので

コントロールができないことには
執着するべきではないのです。


何の意味もないことに執着するのをやめ
未来に対する執着への時を過ごすことで
充実した人生を歩めるのです。


未来に対する夢や目標を持ち
諦めないという執着を持っていけば
行動を続けることができます。


しかし、無意識とはいえ
過去に執着をしてしまっていては
前に進めないのです。


やっかいな過去の執着を
手放すためには捨てる
手放すということが必要になってきます。


過去の記憶を捨てさり
スッキリさせていくことで

過去の執着を手放すことができます。


過去の記憶は物理的な物や
要らないデーター等

人それぞれいろんなものが
含まれています。


機械であっても
過去の物を削除することで
動作がはやくなりますが

人間も、過去のものを手放すことにより
頭の中がスッキリして
行動できるようになるのです。


未来に対する執着を持つために
行動することを習慣にしていき

習慣化できれば少しずつ
行動に負荷をかけていくと

どんどん大きい行動が
できるようになってきます。


そして、未来の夢や目標を
諦められない境地にまで
自分の基準を上げていくことで

迅速に前進できるのです。


自然な形で行動量を増やしていけば
スムーズに前進できますが

もしも気合や根性で、行動していると
負担が大きくなりすぎて
挫折してしまうかもしれませんね。


不自然な、気合や根性では
諦めてしまうことになりますから

自然な形でコツコツ行動を積み重ね

習慣になってから
行動を増やしていけば
自然に行動量が増えてくるのです。


人の感情はコロコロ変わりやすいので
頑張れる時と
そうでない時が出てきますので

自分の負担を大きくしないように
少しずつ増やしていくことが

継続できることへのポイントとなります。


せっかく頑張っても長く続かないと
無駄になってしまいますので

コントロールができない
過去の執着を手放し

未来に対する夢や目標に執着することが
自然に行動できるように

少しずつ負担を大きくしていく
方法をとっていきましょう。


時には面倒に思うこともありますが
習慣化できていれば

そんな状態であっても
継続できますので

行動を積み重ねていきましょう。


過去に対する執着を手放すことができれば
真空状態を作れます。


真空状態ができている状態であれば
自然に未来に対する
執着を持つことができるので

過去を手放していきましょう。


あなたの周りにいませんか。

過去の話しばかりをする人。

そんな人は未来に
向かって生きていないのです。


過去に執着を持っているので
そんな話題が出てくるのです。


そんな状態では
未来に執着することは、できませんね。


宇宙の法則は手放したら
真空状態ができるようになっていますので

真空状態のところへ、新たなものを
埋まるようにしていきましょう。


過去を手放せば
未来に対する夢や目標の執着が
どんどん強化されてくるのです。


未来に執着するためには
過去を手放していかなければなりません。


コントロールができない過去の執着を手放し
未来に対する夢や目標に執着する。


過去への執着を手放して、
未来の心豊かな幸福を
手に入れてください。


過去の意味がないことは
いさぎよく手放していきましょう。

経験を行動から増やすことで自分の問題に気づき、自分の仕事を解決することに集中する


私は自分の問題に気付き、私は自分の課題を作った
解決に集中することによって
私は前進することができます。


挑戦は決してなくならないので
あなたの人生の残りの部分であなたの夢を実現するための課題
追い詰める人生を追いたい。


行動からのあなたの経験を高め、あなた自身の課題を作る
私の問題を解決することに気づく
集中的な生活を歩くことで

あなたはますます成長することができます。


私が生きていくうちにどれくらい成長することができますか?
問題がなければ
それは成長せずに人生を導くでしょう。


私の課題への答えがある
私自身の問題がなければ
答えはありません。


自分の問題を見る
私は痛いので、それを避けることを避けたい

どのくらい問題を回避しても問題ありません
私はそれを解決するまで私はそれを追加します。

だから永遠に
問題を解決できない理由として

私は課題を延期する
習慣があると言える。


あなたは同じ人生の反復生活を歩いている
成長がないので

行動からの問題を解決する
経験を増やす

私は自分の問題に気付き、私は自分の課題を作った
それを解決するには
私は集中したいです。


解決には知識と行動が必要です。


知識と行動を行うことで
課題は視野に入って解決策に向かった
行くことが可能です。


論理はこの通りでは簡単です
感情の面では、ブレーキがかけられる

私はそれを本当の意味で理解できません
私はそれを知る前にそれを避けた。
私はそれを延期する。

あなたの課題を延期しないでください
あなたのチャレンジに直面する勇気
あなたはそれをしたい。


私は私の課題を理解する
解決に向けて

私はそれを解決する力を与えられています。


それは必要な作業です
解決できるタスクのみ
それは与えられないと考えられるので

出現した目の前の問題が
それが大きく見えても
決済を進めましょう。


通常あなたの力で
簡単には解決できない問題
あなたはそれを見ることができるかもしれません

私はそれを解決することはできません
割り当ては与えられません。


よく他の人の問題をよく見る
無意識に比較することはできますが

あなたと他の人たちは成長の段階にあります
個性が異なるため
他人の仕事と比較することではありません。

比較する意味がない
気を散らすよりもむしろ自分に集中する

経験を行動から高める
私は自分の問題に気付き、私は自分の課題を作った
あなたはそれを解決することに集中すべきです。


また、私は他の人の問題について心配していました
時には私は干渉したい

他者の問題は他者の問題であるため
それは干渉する必要はありません。


また、自分の仕事に干渉しないでください
各自の仕事
それに取り組む必要があります。


私の問題を妨害した
関与している人がいる

問題のあるタスクを踏んだ人
それが出るかもしれない
あなたは干渉してはいけません。


他者の立場からの問題であれば
私が思っていること

彼自身のために
問題ではないかもしれないので

あなたは干渉してはいけません。

みんな、自分の仕事そのもの
できることに気づくことによって

他人に干渉されている
それは避けることができます。


一度に問題を認識するために
経験の蓄積をすることによって行動することです


あなたが行動すれば、間違いなく問題に遭遇します
私は自然に解決策を探すだろう

私は私の解決能力を高めることができます


私は自分で自分の問題を解決する。

他の課題へ
干渉しないでください。


私の問題を解決する
集中することによって

あなたの成長はますます大きくなります。


人生はまもなく続きます
成長のために

時間とエネルギー
集中しないと
私たちは大きな成長を達成することはできません。

私は行動し、行動するために学びたい
集中し、より大きな成長
できるだけ頑張っていきましょう。


問題を解決した後
私は次の問題に遭遇するので

大きなチャレンジに遭遇した場合
成長の段階は着実に上昇した
あなたは思うかもしれません。


私は私の目の前にもののために最善を尽くす
私たちは行動を続けています
結果が出ない場合があります。


その時、多分
長期間のみ
それは解決できないかもしれないかもしれません。


一人ひとりの成長段階があるため
人の成長のステップを取らなければならない
また、あなたが解決できないことも満たしています。


しかし、解決できる方向では
それが見出しなら、
それは時間の問題であろうから

続けてください。

私の問題の問題を知っているなら私は答えます
私は到着するだろう

経験を行動から高める
私は自分の問題に気づいた

私の問題を解決する
それに集中しよう。

行動からの体験を増やして自分の課題に気づき自分の課題を解決することに集中する

自分の課題に気づき自分の課題を
解決することに集中することによって
前進できます。


課題はいつまでも無くならないので
一生夢の実現に向かっての課題を
追いかける人生を歩みたいですね。


行動からの体験を増やして自分の課題に
気づき自分の課題を解決することに
集中する人生を歩んでいくことで

どんどん成長できます。


生きている間にどれだけ成長できるか
もし、何の課題もなければ
成長のない人生を歩むことになるのです。


自分の課題には答えがあるのですが
自分の課題がなければ
答えがないということです。


自分の課題を見つめるということは
苦しいので避けたいのですけど

いくら課題を避けても
解決するまで付きまとうのです。


ですからいつまでたっても
課題が解決できない原因として

課題を先送りしてしまう
癖があるといえます。


同じことの繰り返しの人生を歩んでいると
成長はありえませんので

課題を解決するため行動からの
体験を増やして

自分の課題に気づき自分の課題を
解決することに
集中するようにしたいものです。


解決するためには知識と行動が必要です。


知識と行動をすることで
課題が見えてきて、解決の方向へと
向かうことができるのです。


理屈はこの通りで単純ですが
感情の面で、ブレーキがかかり

本当の意味での理解ができないので
いつの間にか避けてしまい
先送りしてしまうのです。


自分の課題は先送りしないで
自分の課題と向き合う勇気を
出したいものですね。


自分の課題がわかり
解決する方向に向かうことで

解決する力が与えられます。


必要な課題であったり
解決ができる課題しか
与えられないようになっているので

もしも現れてきた目の前の課題が
大きく見えてしまっても
解決に向かって前進していきましょう。


通常ではあなたの力では
簡単に解決ができない課題に
見えてしまうかもしれませんが

解決ができない
課題は与えられないのです。


よく他の人の課題を見て
無意識に比べてしまうこともありますが

あなたと他人は成長の段階であったり
個性が違うのですから
他の人の課題と比べないことです。


比べても意味がないことに
気をとられるより、自分に集中

行動からの体験を増やして
自分の課題に気づき自分の課題を
解決することに専念するべきなのです。


また、他の人の課題が気になり
干渉したくなることもありますが

他人の問題は他人の課題ですから
干渉しなくて良いのです。


また、自分の課題にも干渉されないように
各自が各自の課題に
取り組むことが必要です。


自分の課題に干渉されて
お節介な人はいるもので

課題に土足で踏み込んでくる人も
出てくるかもしれませんが
干渉するべきではないですね。


他の人から見て課題だと
思っていることが

本人にとっては
課題でないこともあるので

干渉してはいけないのです。


各自、自分の課題は自分で
気づくことができることによって

他の人からの干渉をされることを
避けることができます。


はやくあなたの課題に気づくためには
行動をして体験を積み重ねていくことです


行動していけば、必ず課題にぶつかったり
自然に解決策を探すようになりますので

自分の解決力を高めることができるのです


自分の課題は自分で解決する。

他の人の課題には
干渉しないようにしてください。


自分の課題を解決することに
専念することによって

あなたの成長はどんどんはやまります。


人生は、どんどん過ぎていきますので
成長することのために

時間やエネルギーを
集中していかなければ
大きな成長を遂げることはできません。


いちはやく、学んだり、行動をすることに
集中して、よりおおきな成長が
できるように頑張っていきましょう。


課題を解決したら
次の課題にぶつかりますので

もしもあなたが大きな課題に出合ったら
どんどん成長の段階が上がってきた
と思って良いでしょう。


目の前のことに最善を尽くす
行動を続けていても
成果が現れてこない場合もあります。


その時は、もしかしたら
長期でしか
解決できないことなのかもしれません。


人それぞれの成長段階がありますので
その人の、成長段階を踏まないと
解決できないことにも出会うのです。


しかし、解決できる方向に
向かっていれば、あとは
時間の問題になりますので

継続していってください。


自分の課題の問題がわかれば答えまで
辿り着けますので

行動からの体験を増やして
自分の課題に気づき

自分の課題を解決することに
集中するようにしていきましょう。

自分がやりがいを感じる分野で価値を提供することを決める

自分がやりがいを感じる分野で
価値を提供することを決めることで
夢や希望に向かって進むことができます。


これからの時代は変化が激しいですので
やりがいがないと

継続して行動し続けることができないので
時代に取り残されてしまいます。


昔は物を作る時代でしたので
あまり考えなくても、言われたことを

確実にこなしておけば
どうにかなったのです。


このように、時代背景が変わることで
以前は通用していたことが
通用しなくなってしまうのです。


これからは
創造力が必要とされる時代ですので

自分がやりがいを感じる分野で
価値を提供することを決めることで

1つのことに集中して
行動しなければ、極められないのです。


物が余っている時代になることで
消費者の求めているものも
変わってきているので

商品が良いのは当たり前。


それにプラスして
何が提供できるのかを
創造しなければ生き残れないのです。


昔のような、やることが決まっていて
毎日同じようなことをしても

通用できる時代は終わりを遂げました。


自分で考えなくても、言われたことを
コツコツと作業をしていれば

給料がもらえるという安定した
生活は終わりを遂げたのです。


ロボット化がどんどん進んでいる今
単純作業はロボットに仕事を奪われ

どんどん人間がする仕事が
少なくなってきています。


ですから自分がやりがいを感じる分野で
価値を提供することを決める

その分野で人間にしかできない
提供できるものを
極めていかなければならないのです。


昔とは違い、物が満たされてきた今
心が満たされていない人が
どんどん増えてきました。


物を満たすことができても
心を満たされないということを
無意識に悟っている人が

増えてたのです。


ですから最近では、新しい商品を出しても
目新しさに飛びつく人が
少なくなったのです。


新商品を出しても簡単には売れない今
必要とされている人材は

何かを極めてそこから何かを
創造できる人材なのです。


これからの時代のに人が
求めているのは、精神的なものや
内的な心を満たせるものです。


求めているものが、物から
潜在的な欲求に変わってきた今

提供する側は、時代の流れにのって
どんどん創造力を働かせて

転換していかなければ
生き残れない時代になったのです。


多くの人は、精神性を高めて
やりがいを持って、やる気がある人に
なりたいと思っています。


そんな欲求がある反面
安心安定を守ろうとする傾向性も
持っているのです。


やる気はあるけど安定を求めていると
自分が何を求めているのかが
わからなくなってしまいます。


今と同じであれば、進歩がないので
安心・安定を求めていては
前に進めないのです。


ですから自分にやりがいを与えつつ
価値を提供できるように

内的な基準を立てていかなければ
ならないのです。


自分がやりがいを感じる分野で
価値を提供することを決める

という心構えで行動していると

本当のあなたの潜在的な欲求が
見えてきますので

そうなると、正しい方向での軌道修正が
できるようになるのです。


多くの人が、無難に安心安定を
求めた生活を望んでいるのですが

これからの今の時代の背景や
今の時代の流れに沿った
生き方ではありませんので

変化をしなければ、時代に
取り残されてしまうのです。


このようなことは
以前から現れてきましたが

これからは
どんどん変化のスピードが
速まりますので

もしも今、明確に
察知できていなかったとしても

自分がやりがいを感じる分野で
価値を提供することを
決める生き方をすることで

時代の流れについていける
可能性が高まるのです。


今の現状を、漠然とでも読める人は
このことに気付き
日夜行動しているのですが

そんな方は、先頭に立つ使命が
ある人かもしれませんね。


自分がやりがいを感じる分野で
価値を提供することを決める
生き方をしたからといって

すぐに結果が出てくる訳では
ありませんので、先駆けて
はやく始めることをお勧めします。


常に、目の前のことに
最善を尽くすことを
心がけていくことにより

周りの人に影響を与えることが
できるようになります。


やりがいは、自分で
気づくものですので

自分で自分にやりがいを
与えていきましょう。


ヒントは不足している分野に
ある可能性がありますので
不足している分野の中で

自分ができることを
見つけていくのも良いですね。


やりがいがあると行動の大きな
原動力になっていきますから

自分がやりがいを感じる分野で
価値を提供することを決める
生き方をしていきましょう。