行動からの体験を増やして自分の課題に気づき自分の課題を解決することに集中する

自分の課題に気づき自分の課題を
解決することに集中することによって
前進できます。


課題はいつまでも無くならないので
一生夢の実現に向かっての課題を
追いかける人生を歩みたいですね。


行動からの体験を増やして自分の課題に
気づき自分の課題を解決することに
集中する人生を歩んでいくことで

どんどん成長できます。


生きている間にどれだけ成長できるか
もし、何の課題もなければ
成長のない人生を歩むことになるのです。


自分の課題には答えがあるのですが
自分の課題がなければ
答えがないということです。


自分の課題を見つめるということは
苦しいので避けたいのですけど

いくら課題を避けても
解決するまで付きまとうのです。


ですからいつまでたっても
課題が解決できない原因として

課題を先送りしてしまう
癖があるといえます。


同じことの繰り返しの人生を歩んでいると
成長はありえませんので

課題を解決するため行動からの
体験を増やして

自分の課題に気づき自分の課題を
解決することに
集中するようにしたいものです。


解決するためには知識と行動が必要です。


知識と行動をすることで
課題が見えてきて、解決の方向へと
向かうことができるのです。


理屈はこの通りで単純ですが
感情の面で、ブレーキがかかり

本当の意味での理解ができないので
いつの間にか避けてしまい
先送りしてしまうのです。


自分の課題は先送りしないで
自分の課題と向き合う勇気を
出したいものですね。


自分の課題がわかり
解決する方向に向かうことで

解決する力が与えられます。


必要な課題であったり
解決ができる課題しか
与えられないようになっているので

もしも現れてきた目の前の課題が
大きく見えてしまっても
解決に向かって前進していきましょう。


通常ではあなたの力では
簡単に解決ができない課題に
見えてしまうかもしれませんが

解決ができない
課題は与えられないのです。


よく他の人の課題を見て
無意識に比べてしまうこともありますが

あなたと他人は成長の段階であったり
個性が違うのですから
他の人の課題と比べないことです。


比べても意味がないことに
気をとられるより、自分に集中

行動からの体験を増やして
自分の課題に気づき自分の課題を
解決することに専念するべきなのです。


また、他の人の課題が気になり
干渉したくなることもありますが

他人の問題は他人の課題ですから
干渉しなくて良いのです。


また、自分の課題にも干渉されないように
各自が各自の課題に
取り組むことが必要です。


自分の課題に干渉されて
お節介な人はいるもので

課題に土足で踏み込んでくる人も
出てくるかもしれませんが
干渉するべきではないですね。


他の人から見て課題だと
思っていることが

本人にとっては
課題でないこともあるので

干渉してはいけないのです。


各自、自分の課題は自分で
気づくことができることによって

他の人からの干渉をされることを
避けることができます。


はやくあなたの課題に気づくためには
行動をして体験を積み重ねていくことです


行動していけば、必ず課題にぶつかったり
自然に解決策を探すようになりますので

自分の解決力を高めることができるのです


自分の課題は自分で解決する。

他の人の課題には
干渉しないようにしてください。


自分の課題を解決することに
専念することによって

あなたの成長はどんどんはやまります。


人生は、どんどん過ぎていきますので
成長することのために

時間やエネルギーを
集中していかなければ
大きな成長を遂げることはできません。


いちはやく、学んだり、行動をすることに
集中して、よりおおきな成長が
できるように頑張っていきましょう。


課題を解決したら
次の課題にぶつかりますので

もしもあなたが大きな課題に出合ったら
どんどん成長の段階が上がってきた
と思って良いでしょう。


目の前のことに最善を尽くす
行動を続けていても
成果が現れてこない場合もあります。


その時は、もしかしたら
長期でしか
解決できないことなのかもしれません。


人それぞれの成長段階がありますので
その人の、成長段階を踏まないと
解決できないことにも出会うのです。


しかし、解決できる方向に
向かっていれば、あとは
時間の問題になりますので

継続していってください。


自分の課題の問題がわかれば答えまで
辿り着けますので

行動からの体験を増やして
自分の課題に気づき

自分の課題を解決することに
集中するようにしていきましょう。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック