自分がやりがいを感じる分野で価値を提供することを決める

自分がやりがいを感じる分野で
価値を提供することを決めることで
夢や希望に向かって進むことができます。


これからの時代は変化が激しいですので
やりがいがないと

継続して行動し続けることができないので
時代に取り残されてしまいます。


昔は物を作る時代でしたので
あまり考えなくても、言われたことを

確実にこなしておけば
どうにかなったのです。


このように、時代背景が変わることで
以前は通用していたことが
通用しなくなってしまうのです。


これからは
創造力が必要とされる時代ですので

自分がやりがいを感じる分野で
価値を提供することを決めることで

1つのことに集中して
行動しなければ、極められないのです。


物が余っている時代になることで
消費者の求めているものも
変わってきているので

商品が良いのは当たり前。


それにプラスして
何が提供できるのかを
創造しなければ生き残れないのです。


昔のような、やることが決まっていて
毎日同じようなことをしても

通用できる時代は終わりを遂げました。


自分で考えなくても、言われたことを
コツコツと作業をしていれば

給料がもらえるという安定した
生活は終わりを遂げたのです。


ロボット化がどんどん進んでいる今
単純作業はロボットに仕事を奪われ

どんどん人間がする仕事が
少なくなってきています。


ですから自分がやりがいを感じる分野で
価値を提供することを決める

その分野で人間にしかできない
提供できるものを
極めていかなければならないのです。


昔とは違い、物が満たされてきた今
心が満たされていない人が
どんどん増えてきました。


物を満たすことができても
心を満たされないということを
無意識に悟っている人が

増えてたのです。


ですから最近では、新しい商品を出しても
目新しさに飛びつく人が
少なくなったのです。


新商品を出しても簡単には売れない今
必要とされている人材は

何かを極めてそこから何かを
創造できる人材なのです。


これからの時代のに人が
求めているのは、精神的なものや
内的な心を満たせるものです。


求めているものが、物から
潜在的な欲求に変わってきた今

提供する側は、時代の流れにのって
どんどん創造力を働かせて

転換していかなければ
生き残れない時代になったのです。


多くの人は、精神性を高めて
やりがいを持って、やる気がある人に
なりたいと思っています。


そんな欲求がある反面
安心安定を守ろうとする傾向性も
持っているのです。


やる気はあるけど安定を求めていると
自分が何を求めているのかが
わからなくなってしまいます。


今と同じであれば、進歩がないので
安心・安定を求めていては
前に進めないのです。


ですから自分にやりがいを与えつつ
価値を提供できるように

内的な基準を立てていかなければ
ならないのです。


自分がやりがいを感じる分野で
価値を提供することを決める

という心構えで行動していると

本当のあなたの潜在的な欲求が
見えてきますので

そうなると、正しい方向での軌道修正が
できるようになるのです。


多くの人が、無難に安心安定を
求めた生活を望んでいるのですが

これからの今の時代の背景や
今の時代の流れに沿った
生き方ではありませんので

変化をしなければ、時代に
取り残されてしまうのです。


このようなことは
以前から現れてきましたが

これからは
どんどん変化のスピードが
速まりますので

もしも今、明確に
察知できていなかったとしても

自分がやりがいを感じる分野で
価値を提供することを
決める生き方をすることで

時代の流れについていける
可能性が高まるのです。


今の現状を、漠然とでも読める人は
このことに気付き
日夜行動しているのですが

そんな方は、先頭に立つ使命が
ある人かもしれませんね。


自分がやりがいを感じる分野で
価値を提供することを決める
生き方をしたからといって

すぐに結果が出てくる訳では
ありませんので、先駆けて
はやく始めることをお勧めします。


常に、目の前のことに
最善を尽くすことを
心がけていくことにより

周りの人に影響を与えることが
できるようになります。


やりがいは、自分で
気づくものですので

自分で自分にやりがいを
与えていきましょう。


ヒントは不足している分野に
ある可能性がありますので
不足している分野の中で

自分ができることを
見つけていくのも良いですね。


やりがいがあると行動の大きな
原動力になっていきますから

自分がやりがいを感じる分野で
価値を提供することを決める
生き方をしていきましょう。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック