プラスとマイナスを同時に受け取る決定は感情を挟まない

何かを成そうと決定をする時には
感情を挟まないことです。


プラスとマイナスを同時に受け取る決定は
感情を挟まないいうにしなければ
成すことはできないのです。


決定をするときに
感情を挟まないようにしなければ
決定ができないことがあるのです。


会社の社長であれば決定を
しなければならないことがありますが

全社員に都合の良い決定が
できない場合もあるのです。


決断し、実行をしたら、必ず
社員にとってプラス面があり
マイナス面も生じてくるのです。


メリットになって喜んだ社員
デメリットになって、悲しんだ社員。

リターンもあれば、リスクもあるので
全員の社員にとって、喜んでもらえる
決断など、ないのです。


ですから、プラスとマイナスを
同時に受け取る決定は
感情を挟まないことです。


会社の社長が迅速に決定ができない原因は
感情が入っている場合が多いのです。


日常生活でも
決断しなければならない場面は
多く出てきますが

完璧な決断など、絶対に
あり得ないことを理解しておくべきです。


どんなことでもリスクはあるので
完璧にできる保障はないのです。

しかし、努力をすることで
リスクを0に近づけることができますので

あらゆる可能性を考えて
対策しておく必要性がありますね。


事前に対策をしておくことで
可能性が100%に近づけることは
できるのです。


しかし、完全完璧にはできないことも
理解しておくべきです。


理解できなければ決定する勇気が出ないで
せっかくのチャンスを
流してしまうことにもなりかねないのです


決定をする人というのはリーダーですが
決断ができる人が少ないので

リーダーのなり手も
不足しているのが現状でしょう。


決定に対して賛成する人、反対する人
それぞれいますが、

10人以上になると、2対6対2の法則
が働きます。


2人が賛成 6人が客観的 2人が反対 
このようになることが多いのです。


職場であっても、2人のやる気がある人。

6人の、どちらでもない人。

2人のやる気がない人。


このような法則が働くので
もしも反対する人が現れても

2対6対2の法則 が働いた
自然の現象として
冷静に眺めていれば良いのです。


リーダーだけの課題ではないので
プラスとマイナスを同時に受け取る決定は

感情を挟まないようにすることです。


この法則は、人数が増えれば
増えるほど、正確に
現れてくる現象ですので

はじめから、何かを決定したら 
2対6対2の法則 が働くことを
予測しておくべきですね。


プラス面があり
マイナス面も生じてくるのです。


決定に対して、メリット・デメリット
リターン・リスク

こんなものが現れてきますので
喜んでもらえる決断などないのです。


決定をしなければ実行ができないので
何も変えることはできません。


どんな人でも決定をして、実行しなければ
何も事を起こすことができませんので

勇気をもって、決断していくべきです。


これからは、時代の変化が激しくて
自ら進んで決定をしていかなければ
時代の流れに取り残されてしまうのです。


会社組織の何かの位置や
立場がある人だけが、決定するのではなく

何の立場がない人であっても
リーダーのような
歩みが求められているのです。


決定をしたら必ず
プラスとマイナスが出てきますので

両方とも受け取ることになる
ということを踏まえた上で

プラスとマイナスを同時に
受け取る決定は感情を
挟まないようにしていきましょう。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック