やりがいを感じて価値を提供するために、内的な基準を立て、精神性を高める

やりがいを感じて価値を提供するために、自分にやりがいを与える必要があります。

一昔前の、物をつくる時代では、そんなにやりがいが重要視されていなかったのですが、

変化のスピードが激しい21世紀は、やりがいを感じて価値を提供することをしなければ時代に取り残されてしまうのです。


時代背景が変わると、過去の常識であったものが、変わっていき、人の考え方や感じ方も変わるのです。


これからは、やりがいを感じて価値を提供するために、内的な基準を立て、精神性を高めることが必要なのです。


営業であっても、以前の物が不足している時代と今の、物が余っている時代とでは、方法を変えなければ時代に取り残されてしまうのです。


人が求める物が変わってきた今、やりがいを感じて価値を提供するために、内的な基準を立て、精神性を高めることで、やる気を維持していくことができるのです。

もう、やることが決まっていた、やる気がどうでも良かった時代は終わったのです。


やる気がなくても言われた通りに作業をしていれば、なんとかなった時代ではないのです。

これからの時代にやりがいを感じて価値を提供するために、内的な基準を立て、精神性を高めることをしなければ、やる気を継続しづらい時代になりました。


やりがいは、不足している中で、大きな目標を立てることによって、湧き上がってくるものです。


最近では、やりがいが感じられない人が増えてきていますが、それは、物が余っているからだといえます。

物が満たされている今、心が満たされていない人が多くなってきました。


人は、物を満たしても、心は満たされないことを、無意識に理解している人が増えてきたのです。

ですから昔と違って、最近では、新しい商品を出しても飛びつく人が、少なくなったのです。

このような環境化にいる今、やりがいを感じて価値を提供するために、内的な基準を立て、精神性を高めることができている、やる気を維持できる人材が必要になってきています。


そういう人材がいなければ、大企業は新商品の販売に、苦戦することになってしまうのです。

しかし、今でも物が売れないことはありませんので、物を作る仕事も必要です。

作っても、多くは売れないけど、需要はあるというこのジレンマの中で、生き延びていくためには、やりがいを感じて価値を提供するために、内的な基準を立て、精神性を高めることができている人が必要なのです。


人は、精神的なものや、内的な心を満たしたいと願っているのです。


その潜在的な欲求を満たしていくために、提供する側も、提供される側も、内的な基準を立て、精神性を高めることで、解決に向かうのです。


しかし、人というのは無難に安心安定を守りたいという欲求が出てきますので、やりがいを感じて価値を提供することを、継続できないでいるのです。

そうならないためにも、内的な基準を立て、精神性を高めることをしていき、自分が何を求めているのかを明確にする必要があるのです。


価値を提供する人が、内的な基準を立てていくことで、よりよい価値を与えることができるようになるのです。


成功者のように、自分で自分にやりがいを与えられることができる人もいれば、無難に安心安定を求めてしまい、前に進めない人もいます。


できるなら、あなたは後からついて行く人の道を開拓することができる、内的な基準を立て、精神性を高める、やりがいを感じて価値を提供することができる人でありたいですね。

今の時代の背景、時代の流れを感じると、いちはやくよりよい価値を与えることができる人材を、増やしていく必要を感じます。

それを明確に察知できる人は、すでに動いています。


そんな人は、先頭に立つ使命がある人ですから、習慣的に、目の前のことに最善を尽くすこともやっていると想像できます。


そのような、やりがいを感じて価値を提供するために、内的な基準を立て、精神性を高めることができている人は少ないですが、

そんな人になっていくためには、他の人が、教えてくれるものではなく、自分で気づくことをしなければ、本当の意味でのやりがいを感じることはできないのです。


しかし、あなたが不足している分野の中で、自分ができることが見つけ、極めるための行動を継続することにより、あなたも価値のあるものが提供できる人になれるのです。


やりがいは、行動の大きな原動力になりますので、やりがいを感じて価値を提供するために、内的な基準を立て、精神性を高めるようにしていきましょう。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック