素直に認めることで、予測不可能な大きな恐怖を越えられる

未来が予想できたり、理解できていれば、あまり恐怖心が出ないものですが、予測不可能なことに関しては、恐怖を感じるものです。

自分を変えたいと言いながら、変えることができない人というのは、素直に認めることができないために、恐怖を乗り越えられないことが多いのです。

ですから素直に認めることで、予測不可能な大きな恐怖を越えられるのですから、なぜ変われないのとか、変わらないダメだと説教するより、素直に認めることへの解決策を模索したほうが良いですね。

そもそも恐怖を乗り越えられる人は、1000人に1人くらいの割合とも言われているので、あまり恐怖心があることについて、攻めるのは、賢明ではありません。

変わるのが恐いと自覚できている人であれば、素直に認めることができているので、予測不可能な大きな恐怖を越えられる可能性はあるのです。

しかし、恐怖を自覚できていない人も多いもので、自覚できていなければ、乗り越えるための時間がかかることになります。

自覚できてい人は、変われない原因を他人や環境のせいにして、自分を正当化していきます。

変わることができない原因は、素直に認めることができるかどうかなにあるので、素直になることで、前に進めるのです。

予測不可能な大きな恐怖を越えられる人は、素直に自分を認めることができた人なのです。

今の平穏無事な環境が、変わってしまったら、どうなるのか未来は予測できませんので、不安や恐怖が出てくるのは当然のことです。

これが、ある程度、予測ができるとそんなに不安や恐怖は出てこないのです。

人が変わる時は、今までの自我を壊すという過程があります。

これまで築き上げてきたものを崩し、全く新地の状態から積み上げていくことは、未来が予測できないので、不安や恐怖が出てきても仕方ありませんね。

素直に認めることをしないで、予測不可能な大きな恐怖を避け、今までと同じことをやっていれば、未来の予測ができるので、イヤな感情も避けられますね。

恐怖を感じなくて済む、ぬるま湯を選ぶということは、今までと変わらないことを選ぶことになるのです。

変わらないということは、現状維持で留まれば良いのですが、多くの場合、停滞ではなく、後退していることとなるのです。

後退している期間が長くなれば、長くなるほど、これまで築き上げてきたものが、崩れ去ってしまうのです。

恐怖という感情は、成功者であっても出てくるどうにもできない感情でもあります。

ですから強制をしたとしても、出てくるので、出てくるものを止めようとするべきではないのです。

それより素直に認めることで、予測不可能な大きな恐怖を越えられるのです。

徳に恐怖心が強く出てくる人となると、恐怖心に支配されてしまって、冷静な感情を保つことも難しくなってしまいます。

そんなことが続くと、だんだん外からの脅威をやたらと反発するようになることもあるのです。

しかし、それを乗り越え、1000人に1人くらいは変われるので、そんな人は、強い願望を持っているといえるでしょう。

成功者の多くは根拠のない自分を信じているので、継続してコツコツと努力を積み重ねることができます。

少々の壁が出てきても、良くなる方向に向かって努力を積み重ねていけるのです。

自分の可能性を信じて、自分に自信を持って、自分の人生も信頼しているのです。

このようにすれば良いということを、言葉で表すのは簡単なのですが、恐怖を越えるためには現実を素直に認めることをしなければいけないので、できる人は少数になるのです。

自分を変えて、予測不可能な領域に飛び込もうと思えば、誰であっても不安や恐怖の感情が出てくるのですが、現状を変えなければ後退してしまう可能性が高いので、自分を変える勇気を育てていくべきです。

中途半端に変えるのではなく、本当の意味での転換をするべきですので、自分は恐いんだと素直に認めることができていなければ、途中で挫折してしまうのです。

いざというときに強烈に感じる恐怖心が襲ってきて、冷静な判断ができなくなることを、経験するかもしれません。

しかし、そこで失敗してしまったとしても、またやり直せるので、チャレンジするあなたでいてほしいですね。

恐怖心を必死に隠そうとしてしまう兆候が出てきたら、気をつけてください。

素直に認めることができるていれば、安心ですが、隠そうとしてしまう兆候から、恐怖心が強いので理屈で正当化してしまう可能性が高くなるのです。

そうであるなら天才的な理屈を創りあげ、正当化の習慣から抜け出せなくなりますので、そこで、恐怖を越えられる人と越えられない人が、振り分けられてしまうのです。

素直に認めることで、予測不可能な大きな恐怖を越えられることを念頭に、正当化の習慣も転換していきましょう。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック