評価がどうであれ、常に前進できる人が時代の変化に合わせて時代を切り開くことができる

人は、評価されると嬉しくなったり落ち込んだりしますが、評価がどうであれ、常に前進できる人が時代の変化に合わせて時代を切り開くことができるのです。

変化のスピードが速い現代においては常に進化成長を目指していかないと、時代の流れに取り残されてしまうのです。

おあなたが懸命に頑張っていても、悪い評価で行動に影響されているようでは、前に進めなくなります。

とくに今は変化が速くなっていて、これからは、更に変化のスピードが速いので、他人からの一時的な評価で満足したり、落ち込んで行動ができなくなってしまうとすぐに時代遅れになります。

あなたのことを、評価する人は、自分の言葉に責任など負おうとは思っていないのです。

無責任ともいえる、その評価を素直に受け取って、喜んだり悲しんだり、影響されて、行動に影響をかけられてしまうと、せっかくの努力が無駄になってしまうのです。

評価が原因であなたが引きずられないように、あなたはあなたの生き方を貫かなくてはいけません。

常に時代は前に進んでいるから、休憩していると、どんどん時代の流れに取り残されてしまうのです。

個人であっても、過去に栄光の経験があった人であると、栄光の時の過去を忘れることができず、ずっと昔のやり方を変えないことがありますが、過去のやり方では、現代に通用しないことは多いのです。

昔の成功体験をもとに、同じことをやっていると、時代に変化に対応ができませんので、今の時代にあったやり方に変換していくべきなのです。


評価がどうであれ、常に前進できる人が時代の変化に合わせて時代を切り開くことができるので、過去に評価された時代があったとしても、今の時代に合わせたやり方に切り替えなければいけないのです。

過去に栄光があっても、なかったとしても、今の時代には全く関係がないので、評価がどうであれ、常に前進できる人が時代の変化に合わせて時代を切り開くことができるのです。

昔あった評価を鮮明を覚えていて、無意識に戻ろうとしてしまう傾向が感じられたら、気をつけるべきですね。

他人に評価されると嬉しくなり、評価されないとテンションが下がる、このような、人や環境に影響されてしまう傾向性があると、今までの努力が無駄になりますので、影響されない自分への自信を持ちたいものです。

これからは、常に今と前を向いて、常に進化成長をする人生を歩んでいくべきなのです。

誰にでも、評価の誘惑はありますし、過去ばかりを妄想しても、前に進めませんので、評価がどうであれ、常に前進できる人が時代の変化に合わせて時代を切り開くことができる人生を歩むべきなのです。

他人はあなたが思っているほど、あなたに興味関心がないものです。

他の人に興味関心を持つことをするには、意識と努力をしないとできませんので、ほとんどの人は、常に自分のことだけを考えているのです。

常に自分のことだけを考えているような人の評価であなたの行動が邪魔されてはいけないのです。

評価がどうであれ、常に前進できる人が時代の変化に合わせて時代を切り開くことができるので、環境や、他人に影響されない自分軸をしっかりと持って歩んでいくべきなのです。



スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック