自由と平和な時代にむけて、一人一人の心の葛藤や対立を解決していく

最近の時代の変化のスピードに戸惑っている方もおられますが、時代が向かっている方向は、今より良くなる方向に向かっているのです。

良くなる方向は、自由の方向です。

この流れに従い、はやく自由に生きられる方向に向かっていくために、自由と平和な時代にむけて、一人一人の心の葛藤や対立を解決していくことが必要です。

一人一人の心の葛藤や対立を解決していくことは、個人、個人の責任もあるのです。

一人一人が自分の責任を全うしていくことで、はやく自由に生きられる方向に向かっていけるのです。

個人、個人が主体的に歩んみ、主体的に責任を全うする生き方こそが、自由な生き方ともいえるでしょう。

人には本心がありますが、人の本心は自由を望んでいるのです。

心の根底で望んでいるのは本心の自由なのです。

ですから自由と平和な時代にむけて、一人一人の心の葛藤や対立を解決していくことは必須です。

時代がどんどん自由の方向に向かっている今、自由の方向になることによっておこる、責任という重荷に戸惑いが耐えられない人が出てきています。

時代の流れは一人一人が責任を全うするようになっているので、それによる責任の重さに不安を感じているのです。

本心の自由を得るため悟りながら歩んでいく方向に向かうべきなのに、多くの人は、まだそれに気がついていないのです。

自由と平和な時代にむけて、一人一人の心の葛藤や対立を解決していくべきであるということを、知っている人が少ないのです。

このような流れは時代の流れですにで、誰にも止められないのです。

自由と平和な時代にむけて、一人一人の心の葛藤や対立を解決していくことで、自由な時代になっていくことで、自然に平和な時代になるのです。

不満が小さくなって、争いも少なくなってくるに従い、今のような、不満はどんどん小さくなってきます。

一人一人の心の葛藤や対立を解決していくことで、争う理由も無くなっていくのです。

こうなることが、理想ではあるのですが、自由と平和な時代を手にすることができ、自由に生きられるようになりたいものです。

そのために、一人一人の心の葛藤や対立を解決する必要性が出てきているのです。

葛藤と対立は、人それぞれ違うのですが、他の誰かが代わりに解決してくれはしないので、自己責任で解決しなければなりません。

いちはやく、自由と平和な時代にむけて、向かっている方向に合わせられるように、一人一人の心の葛藤や対立を解決していくことをするべきです。

そのために、主体的に歩んだり、主体的に学んだり、主体的に行動をするということをすることです。

常に主体的な習慣を身につけていくということは、非常にシンプルで、わかりやすいですね。

これからは、主体的に歩んで自分の責任を全うするように心がけるべきなのです。


他の人がどうであるかは関係ないので、干渉などしないで、自分が主体的に歩んでいけているかを確認していくようにしましょう。

主体的な習慣を身につけていくということで、あなたは自由な時代に向かって前進できているのです。

同時に責任を全うする難しさを痛感することも、出てくると思いますが、自分で自由に選べる 自由であるからこそ、自分の道を全うすることができるのです。

一人一人の心の葛藤や対立を解決していくことは、簡単にはいかないこともありますが、その延長線上に平和な時代があるのですから、実現していき、あなたの中に
自由と平和を創りあげていきましょう。

うまくいかないと、他の人がどうであるかが気になることもあるでしょうが、そんなことは、どうでもいいのです。

あなたが時代の流れに合った生き方ができるようになれば、自由と平和な時代にむけて、前進できているのですから、一人一人の心の葛藤や対立を解決していくようにしていきましょう。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック