目的をできる限り明確にして頑張る理由を見つける

今の環境は、物がありふれている時代ですので、そんなに頑張らなくてもなんとなく、生きていくことができます。

目的をできる限り明確にして頑張る理由を見つけることもしないで、ただ生きて、そこそこ楽しくやっているだけであれば、頑張らなくても支障はないのです。

一昔前であれば、良い学校を出て、良い会社に就職するという価値があったのですが、今は、学歴には価値がなくなっています。

良い学歴があれば、安泰という時代が完全に崩壊している時代となりました。

一昔は良い会社に就職するために、必死に頑張っていましたが、大会社であっても倒産の危険性がある今、進学する理由がない時代へと変わったのです。

進学することのメリットもあるので完全に否定しているわけではないのですが、進学は全てという時代は終わったのです。

そういう背景をもとに、若者には、目的をできる限り明確にして頑張る理由を見つけることをしたうえで、どうして高校に行くのか、何のためにその大学を選んだのか。

目的をできる限り明確にして頑張る理由を見つけることで、その答えが明確に答えることができます。

ぼんやり、何も考えないで、みんなが行くから大学へ行くであるとか、みんなが行くので常識だからとか、という答えしか出てこないのなら危険ですね。

的をできる限り明確にしていかないと、今までの環境であるとか、流れの中でしか答えられないのです。

そんな状況では、なぜ頑張るのかの理由は出てきませんので、充実した生き方はできないのです。

まず、目的をできる限り明確にして頑張る理由を見つけることをしないと、何をどのように頑張ればいいのかというところから、ブレてしまい、前進できないのです。

理由がなければ頑張りようがないので、無駄な時間を過ごすことになってしまうのです。

最近では、価値観が多様化されてきましたので、自分を他の人の価値観にあわせていると、合わない時代になりました。

これからの時代は個々の価値観の中で理由を見つけていく時代なので、大人であっても、子供であっても、目的をできる限り明確にして頑張る理由を見つける必要があるのです。

その時に気をつけたいのが、頑張る理由を外に求めないことです。

自分の本心で、自ら頑張る理由をつくっていく必要性があるのです。

外に意識を向けると、不必要な情報は、ありとあらゆるところで入ってくる環境下にいますので、あなたの本心は、いくらでも流されてしまうのです。

これからは、時代の変化がどんどん早くなってきますので、流されてばかりいると、時代の流れについていくことができないのです。

どんどん時代遅れになってしまうことを避けるために、目的をできる限り明確にして頑張る理由を見つけることをしなければなりません。

これからの時代は頑張らないと時代についていけないので、目的をできる限り明確にして頑張る理由を見つけることで、行動のブレをなくし、夢や目標に向かって、コツコツ継続して積み重ねていかなければならないのです。

主体的に頑張ることをやっていくことで、どんどん前に進めますので、やる理由を明確にし、ブレない自分、継続できる自分作りをする必要性があるのです。


頑張れない理由を環境や、他の人のせいにしても、前進できませんので、環境がどうであっても、常識がどうであっても、ブレない自分でありたいですね。

あっちこっちに不必要な情報がありふれていますので、自ら頑張る理由を明確に持っていないと何かの理由で流されてしまうことになるのです。

明確に自分はこの目的のために頑張るということの意識付けをつけることで、少々のことでは流されないあなたになれますので、目的をできる限り明確にして頑張る理由を見つけることをやっていきましょう。

あなたの頑張る理由は外にはありませんので、あなたの本心と会話して、自分自身で見るけるのです。

他の人と同じことをしていれば、どうにかなった時代は終わり、目的を持って歩んでいかなければ、時代の流れに取り残されるのです。

もしかしたら、あなたの答えが簡単に、見つからないかもしれませんので、最初は仮の目的でもいいですし、やってみて、違う心に気付いたなら、変更しても良いのです。

そんなことを繰り返していくうちに、本心からこの目的のために頑張りたいという自分の気持ちに気付く時が来ますので、それまでは、一つの目的だけに
固執する必要はありません。

あなたが生きている目的は、成長です。

人は、成長と共に変化していくので、成長すれば、あなたの本心が変わるのも、当然のことなのです。

今の現状がどうであっても、目的を持って歩むことで、どんどん未来は良い方向へと変えていけるので、目的をできる限り明確にして頑張る理由を見つけることからやっていきましょう。



スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック