極めるための必要性のある情報を明確にし、それに集中することで、他の分野の必要性が見えてくる

情報がありふれている今、不必要な情報を排除し、必要な情報だけを集める必要があります。

そのためには極めるための必要性のある情報を明確にしていかなければなりません。

極めるためのことだけに集中することを続けることにより、他の分野の必要性も見えてくるのです。

人間の脳は、全ての情報など処理ができるわけではないので、取り入れる情報を選ぶ必要があるのです。

インターネットが普及した今では情報が無限にある環境下にいるのですが脳の処理能力は有限なのです。

取り入れた全ての情報の処理ができないのであれば、極めるための必要性のある情報を明確にし、それに集中することを続けていくことで、他の分野の必要性が見えてくるのです。

脳の器が決まっているのなら、脳の中をできるだけシンプルにしていくことで、重要な情報が、いちはやく処理できるのです。

しかしながら、多くの方は、極めるための必要性のある情報を明確にできていないため、不必要な情報も処理しようとしてしまいます。

他の分野の必要性が見えてくる段階で、いろんな情報で溢れていると、情報や知識がないので思考をする材料もなく、方向性や戦略に間違いがおこるのです。

ですから余計な情報ばかりを入れる習慣のある人は、ている人は肝心な情報の処理ができなくなり、思考がうまく働かないのです。

これからは、情報を集めるときに、どんな情報を集めたいのかを明確にし、目的をもった情報収集をするべきですね。

このようなことから、情報が多ければ、多いほど良いという昔ながらの考え方は間違っていることに気がつきます。

しかし、ほとんどの人が、不要な情報ばかりを集めて、極めるために必要な肝心な情報が入る余地がない状態であるといえます。

脳がパンパンな状態では、素早く思考ができないので、そんな人ほど判断するまでの時間がかかってしまうのです。

自分で考えで、自分からすすんで実行するためには何を極めたいのかから、自分が理解できていないとできないのです。

思考力がないと、戦略を立てることもできませんので、他人の意見を求めたりすることもありますが、本当の答えは外ではなく、自分の内にあるのです。

ですからいちはやく、極めるための必要性のある情報を明確にする必要性があるのです。

一定期間、極めることだけに集中することで、戦略を立てることができるようになってきて、それにともない他の分野の必要性が見えてくるので、効率よく情報収集をしながら前へと進んでいけるのです。

他人に頼って戦略を立てることができない人は、いつまでも常に答えを外に求めていく傾向にあります。

しかし、それでは答えは外にはないので、いつまでたっても前にも進めないでいるのです。

情報が得られる便利な時代には、不必要な情報は、何もしなくても、どんどんあなたの元へとやってきますので、あなたはどの情報を受け取るのか、意識的にコントロールしていかなければならないのです。

近年では、余計な情報を入れ過ぎたために、思考ができない人がどんどん増えてきているのです。

情報を浴びすぎたために、思考ができない人が増えてきた今、極めるための必要性のある情報を明確にし、それに集中するように、心がけるべきなのです。

これからは、意識的に情報を分別して、必要ない情報は入れないように、ことを意識していかないと、油断しているといつの間にか、情報に振り回されてしまうのです。

今の時代には、ネットで検索すれば、ほとんどの情報が手に入りますので、何かを多く知っている必要性がない時代になったのです。

このような時代背景がありますので、これからは、広く浅い知識ではなく、狭く深い知識から、どんどん知識を深堀していく方法で学んでいくのが賢明なのです。

極めるための必要性のある情報を明確にし、それに集中することで、他の分野の必要性が見えてくる、そこから深さを保ちながら広げていくようにする方法が、極めるための近道なのです。

ですからまず、必要な情報だけを集めることを意識して、バランスが崩れるほど、一つの分野だけに集中していく習慣を身につけていきましょう。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック