目的地に向かって無駄なく、効率よく一つのことに集中し、思考力を身につける

日常生活を過ごすうえで、あなたは何のためにやっているのかの目的地を明確にしていく必要があります。

目的地が決まっていれば、自分がするべき行動が明確になるので、目的地に向かって無駄なく、効率よく一つのことに集中し、思考力を身につけることができるのです。

最近では、目的地がわかっていない人が増えてきて、前に進める人生を歩んでいない方は多いものです。

過去20世紀であれば、良い学校に行って、良い会社に就職するという、決められたことを、何も考えないで生きていても、それなりに生きていけたのですが、

物づくりの時代であれば、単純作業をしているだけでよかったので、あったので、目的地がわかっていないで言われたことをやっていれば、なんとかなったのです。

以前であれば、物づくりに適した無駄なく、効率よく一つのモノを仕上げるという人材が必要だったのです。

しかし、時代は変わり、変化のスピードがどんどんはやくなった今、昔のような、素直に従順に従う人ではなく、何かを極めて一つのことに集中し、思考力が出せる人材が必要になってきました。

変化のスピードについていくには、素直に従順に従う人ではなく、アイデアが出せる人が必要な時代となったのです。

時代が変わったのですから、これからは、時代の流れに合わせて生きるため、アイデアを出せる人になるべき必要が出てきたのです。

アイデアを出せる人というものは、思考力が身についている人なのですから、答えを外や過去に求めていくのではなく新しく生み出すことを要求されていることになります。

そうなるためにも、目的地に向かって無駄なく、効率よく一つのことに集中し、思考力を身につける生き方へと変換していくべきなのです。

現代は、コンピューターが著しく発達をとげ、暗記のようなものは、コンピューターに任せておけば良いのです。

過去の経験は今には通用しなくなってきているので、外には答えがないし過去にも答えはないのです。

また、答えは一つの答えしかないということでもないので、答えは自分で出す。

そのためには自分で考える能力が求められているのです。

思考力を身につけていかなければ、時代の変化に乗り遅れてしまうので、られなかった過去の事例や外に答えを求めるのではなく、自分の直感を信じて、答えは自分で出す時代になったのです。

これからは、変化に合わせられる、柔軟なアイデアが必要なので、目的地に向かって無駄なく、効率よく一つのことに集中し、思考力を身につける。

一つのことだけにこだわれない生き方をしていくべきなのです。

あなたがもし、アイデアが出せる人材になることができれば、変化の多い時代へも対応できるし、そんな人材は、需要が多いので、仕事にも困らなくなるのです。

ですから思考力を高めていくべきなのですが、思考力を身につけるためには、知識を学ぶことと体験を増やしていくことです。

知識を学ぶことと体験を増やしていくことに、的を定め、目的地に向かって無駄なく、効率よく一つのことに集中し、思考力を身につけることをやっていきましょう。

そのような行動を積み重ねていけば、どんどん考える材料が増えていきます。

そうなることで、できることも、見えてくるようになるので、体験を通して更に学ぶことができます。

このような繰り返しの中で、正しい答えを見い出していくことができるようになりますので、自ら答えを見い出すという習慣を身につけていきましょう。

何も考える必要がなかった過去の時代は終わったのです。

過去の時代の常識は、今には当てはまらなくなったのです。

ですから思考をいちはやく切り替えて、変化のスピードがはやいこれからの時代に対応するため、目的地に向かって無駄なく、効率よく一つのことに集中し、思考力を身につける生き方をしていきましょう。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック