過去の記憶の延長線上で思考しない、今の目の前のことに最善を尽くすという思考にする

あなたが今を生きているかどうかを確かめたいなら、過去の記憶の延長線上で思考しているのか、していないのかを考えてみてください。

今の目の前のことに最善を尽くすという思考にすることができているなら、大丈夫です。

しかし、過去の記憶の延長線上で思考しているのでしたら今を生きていないのです。

現代では、多くの人が、過去の記憶を参考にして、目の前のことを認識しているという落とし穴に陥っている可能性が高いのです。

といっても過去に認識した記憶を全部捨て去るのが良いわけではありません。

今、目の前の物や目の前の人が認識できるのは過去の記憶があるから認識できるので、過去の記憶は必要なのです。

ですから過去の記憶の延長線上で、今のことを思考しないようにすれば良いのです。

過去の記憶の延長線上で思考しない、今の目の前のことに最善を尽くすという思考にするのが正しいのです。

過去の記憶からしか思考ができなくなってしまうと、今までの過去がこうだったので、未来もこうすればうまくいくという思考になってしまうので危険なのです。

これでは今を見失い、未来にあなたは向かえなくなってしまうのです。

人間の本能は、何も考えなくて放っておけば、無意識のうちに過去の記憶の延長線上で思考してしまうのです。

そうなると、今を見失ってしまうので、今を生きることができないのです。

ですから未来から今を見るという思考にしていくと、良いですね。

この方法は、本能とは逆になりますので、本能に逆らう思考は自分で自分をコントロールして、意図的に変える必要があるのです。

ですからこれからは、意識的に未来から今を見るように、ゴール設定をして、未来のゴールのために今の目の前のことに最善を尽くしていくようにすると良いですね。

過去の記憶の延長線上で思考しない、今の目の前のことに最善を尽くすという思考にしていくことで、どんどん未来のゴールへと向かっていけるのです。

未来のゴール設定からの思考にして、今の瞬間を生ききる、精一杯、全力を尽くすということが、あなたの夢や希望を叶える一番の早道なです。

過去の記憶は今の瞬間とは全く関係がないので、過ぎ去ったことは、手放していくと良いですね。

人生、生きていると、良い出来事も、悪い出来事も、いろんな想い出が作られます。

しかし、過去は現在のあなたに今さらどうにも変えられないのですから、自分でどうにもならないことは、手放していけば良いのです。

過去の記憶を引きずると、今の瞬間で生きていけませんので、瞑想などで、不必要な過去の記憶を手放していくと良いですね。

あなたが叶えたい、夢や希望のゴール設定が決まったら、過去の記憶の延長線上で思考しない、今の目の前のことに最善を尽くすという思考で精一杯、尽くしていきましょう。

ゴールから今を見るようにして、それに向かって今の瞬間を生ききることをしている時、その途中過程が、どうなるのかわからないことがおこってきます。

これは、試されているという時期でもありますので、そんな時には今できること、今日できることに最善を尽くしてください。

多くの人が、不安になってくると、過去のことを思考してしまいがちですが、過去には正しい答えはないのです。

過去にこだわってしまうと時間の無駄になるし、これから何が起こるかわからないことを心配しても、時間の無駄になります。

未来がどうなるか、いくら考えてもわからないので、自分でコントロールできないことは、考えなくても良いのです。

あたながやるねきことは、今の目の前のことなので、それに最善を尽くすことに集中をしてください。

行動を積み重ねていくと、あなたに何が足りないかも見えてきますので、もしも知識が必要であれば、学ぶことに最善を尽くす期間も必要になるかもしれませんね。

もしも、行動が足りないと感じたら、行動に最善を尽くして頑張っていきましょう。

過去の記憶の延長線上で思考しない、今の目の前のことに最善を尽くすという思考にする方法で、ゴールに真っ直ぐ向かっていきましょう。

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック