やりたいことを見つけるには、情報をシャットアウトして、何もしない空白の時間をつくる

これからは、やりたいことを極めていく時代なので、やりたいことを見つけるには、情報をシャットアウトして、何もしない空白の時間をつくると本心からやりたいものがわかるようになります。

現代ではやりたいことがわからなくて、何を極めていけばよいのかわからないでいる人が多くいます。

空いた時間をもてあまして悩んでいる人も多くいます。

時間をもてあますのが不安になり、とくに見たいテレビをつけてみたり、用事もないのに、スマホを見たりしています。

しかし、何もしない空白の時間をつくることで、簡単に見つかります。

やりたいことを見つけるには、情報をシャットアウトして、何もしない空白の時間をつくるとその空白に、新たなものが入ってくるので見つかる可能性が高いのです。

やりたいことがわからない人の傾向性は、色々な情報を入れ過ぎているということがあげられます。

いろんな情報が飛び交って、自分で選ぶことができないでいるのです。

ひと昔ならば、やりたいことがわからない人というのは少なかったので、やりたいことがないではなく、やりたいことができない悩みであったのです。

価値観が一律で、良い学校に入って、良い会社就職することができれば安心安定の保証で生きられていたのです。

ですから何かを極めるという、冒険的なことに挑戦しなくても、安定した生活を過ごすことができたのです。

しかし、時代は変わって変化のスピードがはやい時代になったので、安心安定の保証はなくなって、何かを極めた特技がなければ就職も難しくなってしまう時代となったのです。

これからは、あなたが本心からやりたいことを極めていき、極めたことから安心安定の保証を創りあげる時代なのです。

現代では、価値観が多様化されているので、今まで通用していた過去の価値観は、価値のないものになってしまったのです。

ですからあなたはあなたの本心から、やりたいことを見つけて、それを極めていくべきなのです。

しかし、やりたいことを極めるといっても、すぐに見つかる人は、少ないでしょう。

ですからやりたいことを見つけるには、情報をシャットアウトして、何もしない空白の時間をつくる必要があるのです。

空白の時間を多くしていきながら、あなたは何であれば、社会に貢献ができるのだろうか、本心から湧き出るやりたいことは何であるのか考えていると、そのうち空白になったところへ新たな何かが入ってきて、そこからやりたいものが見つかってくるのです。

何もしない空白の時間をつくるには、情報をシャットアウトすることです。

テレビや本や、スマホもできる限り、見ないようにして、できるだけ情報をシャットアウトすることです。

それに平行して、瞑想で、目からの情報をシャットアウトしていくと、どんどん頭がスッキリしていくので、何かがやりたくなるのです。

何をしたいかがわからない時には、何もしない時間をつくることで、しないことが耐えられなくなってやりたいことが見つかるのです。

もしもあなたはやりたいことがあるのなら、中途半端にするのではくなくて、おもいっきり集中してやってみる。

おもいっきりやってみることで、今、あなたがやりたいことが、心から湧き出る本当にやりたいことであるかどうかがわかるのです。

やりたいことを見つけるには、情報をシャットアウトして、何もしない空白の時間をつくる。

そこから出てきた、楽しく続けて極められるものが本物であるのか、違うのかを確かめるために、おもいっきり集中してやってみる。

違っていれば、また空間の時間を作り、見つけ出す。

この繰り返しをしていれば、見つかる時がやってきますので、何もしない時間を意図的につくってみてください。

何もしない時間をいきなり作るのは、苦痛を感じる方もいますので、序所に少しずつ増やすようにしていくと、スムーズにできるようになります。

今まで余計な情報ばかりに洗脳されきていますので、いきなりその習慣を変えるのは、違和感を感じてしまう可能性が高いのです。

情報に洗脳されてしまっていることも気付かないでいた、情報中毒者であることに、気付いていない人ならなおさら大きな違和感を感じてしまいますので、

あなたは常に何かの情報を入れていないと落ち着かない状態であると思った場合は小さな変化からはじめるのが良いのです。

何かをしていないと落ち着かない情報中毒者になればなるほど、何もしない時間を作ることに、反発を強めるのです。

空白の時間はできればできるほど、いっぱい脳に真空スペースができるので、いろんな新たなものが入ってきて、良いアイディアも浮かんでくるかもしれませんね。

何かをしようと思ったとき、それがあなたの本心からやりたいことであるのかどうかの見極めは大事です。

やっていて、楽しいものでないと、長続きしませんので、おもいっきり集中してやってみて、はやめにそうであるのか、そうでないのか判断するようにしましょう。

本物であると思ったら、やりたいことの情報や知識を集めていくことで、どんどんやりたいことを極めるための学びができたりしますので、その分野に集中した学びも必要になってきます。

知識を入れることと、行動に移すことをすることで、知っている情報が、どんどん整理されていき、はじめが考えつかなかったような、良いアイディアも出てくるのです。

それにより、更に深く極められたり、幅も出てきますので、やりたいことを見つけるため、情報をシャットアウトして、何もしない空白の時間をつくるようにしてください。

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック