自分は特別な存在という自己重要感を捨て去り、自分の成長の実感で満たす

自己重要感を持っていると、それが満たされない時、劣等感に陥ります。

ですから、誰でも持っている自分は特別な存在という自己重要感は、捨て去り、自分の成長からの実感で、心を満たすようにする必要があります。

自己重要感という欲求は、食欲・睡眠欲・性欲と同じくらいに強い欲求なのです。

これらの欲求は、人の本能から出てくる欲求なので、欲求自体は悪ではないのです。

しかし、自己重要感を他の人を通して満たすことは、かなり難しく満たせる可能性が少ないので、満たそうとすると劣等感が出てくるのです。

自分は特別な存在でありたいと思っていても、自分は他の人よりも劣っているのではないかと思うとどんどん自分への劣等感が増してくることになってしまうのです。

そんな満たされないことを解消しようと、中には威張ったりする方や、どうでもいいことをネチネチこだわったりする人もいるのです。

満たされないことを解消しようとして、威張ってみたり、ネチネチしたりしても、他人はあなたのことを、満たしてはくれません。

本当の意味での自己重要感を自分で満たすことができる人は、他の人からの評価を気にしないで生きているのです。

コントロールしようのない他人の評価を気にしすぎると、思うようにできないので、どんどん身動きができなくなります。

ですから、自分は特別な存在という自己重要感を捨て去り、自分の成長の実感で満たす必要があるのです。

しかし、威張ってみたり、ネチネチしたりしている自己重要感を自分が持っていることに、気づいていない人は多いですね。

自己重要感と劣等感が一致すると、最悪な状況になっていき、どんどん物事の本質を見れなくなってしまいますので、気をつけたいものです。

そんな悪い心境の感情のままで、言動を発信してしまうと周りも迷惑です。

もしもそれが、指導する立場の人であったら、周りにも悪い影響を与えてしまうのです。

自己重要感を満たすための指導はだれも受けたくないですので、周りはついてきてくれません。

しうなると、さらにイライラするので、自分は特別な存在という自己重要感を捨て去り、自分の成長の実感で満たすように改善してほしいものです。

あなたの周りにいる人が、自己重要感を満たすための指導をしているのか、していないのかを見分けるのは、あなたの直感で感じ取ってみるとわかります。

周りが威張ってみたり、ネチネチしたりしていることの原因が、自己重要感であると見抜いてしまうと恥ずかしさが出てくるので、はやめに自己重要感に気づかせることも、必要ですね。

これからの時代は骨を折って最善を認めてあげる指導が必要なのです。

威張ってみたり、ネチネチすることをやめ、最善を認めてあげる指導に切り替えることで、膳の循環へと向かうのです。

自分は特別な存在という自己重要感を持っている上司から、気合や根性を出して無理に我慢をさせられている傾向が強いと思ったら、はやめに自己重要感に気づかせることをやっていきましょう。

人それぞれ自己重要感を満たしたいという欲求は誰にでもあるものですから、自分で自己重要感を満たせるようになるために、心理的な自立をしていきたいですね。

これからは、他の人を通して満たすのではなく、自分で自己重要感を満たすために、与える習慣を身につけていくことで、どんどん自分の成長の実感で満たすことができるのです。

自分で自己重要感を満たすために、価値がある情報発信をすることも良いですし、目の前の人に最善を尽くして与えることでも大きな成果を体験することができます。

いつまでも、受け身の姿勢であっては、自己重要感を捨て去り、自分の成長の実感で満たすことはできませんので、与える行動をどんどん増やし、それを習慣にしていきましょう。

自分は特別な存在という自己重要感を捨て去り、自分の成長の実感で満たす、どんな小さなことでもいいので与えることを意識してやっていくと、どんどん与えているのに満たされてくる自分を実感することができます。

与えることで、他の人も満たすことができ、それによって、自分の自己重要感も満たすことができるので、この循環を広めていくことで、自分も周りも満たされていくのです。

これからは、今できる目の前のことに最善を尽くしていき、最善を尽くすことによる成長を実感を、どんどん味わってみてください。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック