感情をコントロールし、上手く操縦をして適切な言動に変換する

最近では、行動できない人が増えていますが、感情を行動の原動力にすることができている状態なら行動できます。

感情をコントロールし、上手く操縦をして適切な言動に変換することができれば、いろんなことをバランスよく、乗り越えていくことができます。

人間は、感情を感じる生き物ですから、何かを感じることは、正常です。

もしも、何も感じないのであれば、感情が異常な状態であるといえます。

感じたくない感情を連続して感じる環境が続くと、人は無意識に、その感情を何も感じないようにしてしまうことがあるのです。

今まで経験した時出てくる、怒りやイライラ、不安はもう、感じたくないので、無意識に感じないようにしてしまうのです。

それがどんどん進んでくると、人は感情がなければ行動ができないので、行動ができなくなるのです。

人が行動するためには感情が必要ですので、感情をコントロールし、上手く操縦をして適切な言動に変換する必要があるのです。

人の感情は、ポジティブとネガティブというように、裏と表の感情があります。

怒りの反対は、情熱ですし、イライラすることによって、改善ができるのです。

もしも、不安を感じているのなら、ワクワク感も感じ取れるのです。

感じたくない感情を連続して感じることが続くと人は、感情を閉ざしてしまい、怒りも情熱もなくなるのです。

ですからイライラする感情があるから改善もできるし、才能も開花できるのです。

嫌な感情が出てくることもありますが、感情をコントロールし、上手く操縦をして適切な言動に変換するようにしていきたいですね。

今、あなたが不安を感じているなら、ワクワクの感情もあるので、行動することができるのです。

良い感情も、悪い感情も出てくるけど、いろんな感情を体験しながら、感情によって、行動しながら人生を歩んでいきたいものです。

どんなに器用な人であっても、良い感情だけを感じることはできませんので、悪い感情も受け取り、そのうえで、感情をコントロールし、上手く操縦をして適切な言動に変換するようにしたいものです。

周りを見渡せば、怒りだけ、イライラだけ、不安だけを出している人がいるように見えることもありますが、ネガティブな感情があるということは、ポジティブな感情も感じているのです。

そんな人は、悪い感情を多く出している人なので、感情をコントロールし、上手く操縦をしてもらいたいものですね。

どのような言動を選んで生きていくかは、その人の人生に大きな影響を与えますので、自分のためにも、周りの人のためにも、感情をコントロールしたいものです。

中には常に感情をコントロールでき、適切な言動ができている人も見かけますが、そうなるためには多くの体験が必要です。

いろんな体験を積むことで、言動のコントロールができるようになってくるので、もしも苦手意識があるのなら、ネガティブや、ポジティブに思えることが、少ないのかもしれませんね。

こう考えると嬉しい出来事は、メリットだけでもなく、デメリットだけでもないことがわかります。

表と裏の両面の体験をすることによって、どんどん感情をコントロールし、上手く操縦をして適切な言動に変換することができるようになるのです。

中にはどん底の体験をすることで、そこから大成した人もいますし、伝記などを見ていると、不幸な環境で生きてきた成功者も多いのです。

どん底の体験をすることで、恐いものがなくなり、どんどん感情の揺れがなくなるので、どん底の体験をしている時は、言動のコントロールができるようになるチャンスともいえますね。

このことから、どん底の体験は、自分の意思でなろうとはしていないことが多いと思うのですが、強制的になってしまう経験に出会ってしまっても、不幸だけが訪れたわけではないのです。

その体験自体をネガティブ・ポジティブと捉えるのではなく、適切な言動ができるための経験をしているのだと理解すると良いですね。

おもいっきり刺激のある感情を原動力にして、そのチャンスでプラスになる行動をすることによって、さらにあなたの器も大きくなるのです。

どん底の体験の感情というのは、辛いものですから、多くの人は、無意識のうちに、何も感じないように努力してしまうのです。

感情を抑えつけ、何も感じないようにしていても、感情は抑えつけられるものではありませんので、抑えつけると悪循環を招きます。

ですからどんなことがあなたの元へやってこようとしても、今のありのままを感じるしかないのです。

ですからどんな感情が湧き上がってこようとも、感情をコントロールし、上手く操縦をして適切な言動に変換するようにし、感情を行動の原動力にするべきなのです。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック