感情が蓄積されて大爆発しないように、自分の得意なことや好きなことにぶつける

感情は上手く出していかないと蓄積されて大爆発する可能性があるのです。

ですから感情が蓄積されて大爆発しないように、自分の得意なことや好きなことにぶつける必要があります。

感情を出しすぎると人間関係が悪化するのでいけない印象がありますが、感情を適度に出していかなければ、大爆発してしまうか、自分より弱い立場を人をいじめてしまう行動にでてしまうのです。

ほどよく感情を出していかないと、今まで冷静だった人が、とんでもない行動をしてしまう可能性もあるので、自分で自分を自己管理しなければいけませんね。

日本人はとくに、自分の感情を出すのが苦手な人が多く、忍耐することが、良いことであるとも教育されてきました。

そんな教育の中、どんどん感情の出し方がわからない人が増えてきたのです。

中には感情を出すより、忍耐することの方が楽だと思って意図的にしている方もおられますが、蓄積されて大爆発する可能性があるので出していかなければいけません。

感情を出して人間関係が悪化した経験をした方であれば、余計に面倒くさくなるので忍耐してすまそうと考える人もいるのです。

一時的なことであれば良いですが、長期的にわたって感情を出さないまま忍耐する環境下にいたなら、大爆発してしまうか、自分より弱い立場を人をいじめでストレスを解消しようとする行動に出てしまう可能性が高いのです。

爆発しそうな辛い感情を、無意識なうちに心のバランスを取ろうとして、いじめという形でストレス発散するのです。

感情にもバランスがあって、上の人を立てる人は、下の人を見下すようになるのです。

このことからもし、他人の本心を知りたければ、目下であるとか、部下に対してどんなふうに接しているかを確認してみると、見えるものがありますね。

やたらと冷たくしているのなら、どこかで感情のバランスが取れないので、いじめという形でストレス発散するのです。

されている、目下であるとか、部下は、忍耐が蓄積されてあるとき爆発してしまう可能性もあるのです。

もし、爆発ができないような性格の人であれば、病気になることもあります。

そう考えると、感情のままに生きている人がうらやましく感じるかもしれませんが、感情のままに生きると嫌われたり、好かれたり、ハッキリ分かれたりするのです。

感情を溜めないで、割り切って生きるか、適度に感情を出しながら、臨機応変に対応するのか、どちらかのタイプに分かれると思います。

いかにして生きるかは選択なのですが、感情が蓄積されて大爆発しないように、自分の得意なことや好きなことにぶつける方法で解消していく手段もあるのです。

あなたがどうであれ、他人はあなたにコントロールされませんので、コントロールできないものに意識を向けるより、自分の得意なことや好きなことにぶつける方法で解消していく手段をとるのです。

人によっての個性の違いから、感情の出し方で最良であるものが違うのですが、ある人は、スポーツで発散し、ある人は読書で、旅行や瞑想などで、頭の中が、スッキリする人もいますね。

人それぞれ感情の出し方は違いますから、いかにすればストレスが発散できるのか、自分なりに試してみると良いですね。

忍耐することが、美徳とされた、過去の考え方はもう古いのです。

感情が蓄積されて大爆発しないように、自分の得意なことや好きなことにぶつけることで、日ごろのたまったストレスを、解消していきましょう。

いろんな感情があるのは正常なことなので、マイナスな感情が出るのも仕方ないことです。

それよりそのマイナスの感情をいかにして出すかです。

湧き上がってくるマイナスの感情はどうにもできないので、それが溜まってしまわないように、自分の得意なことや好きなことにぶつけることで、解消していきましょう。

今まで感情を出せない環境に長くいた人は、感情を出すことが億劫になっています。

感情を出せなくて、忍耐をしいられていた人は、感情を出していかないと、いつか爆発するかもしれませんので、感情を出す工夫が必要なのです。

適度に感情を出していけば、心が健康になってきて、感情も上手く操縦できるようになってきますので、感情が蓄積されて大爆発しないように、自分の得意なことや好きなことにぶつけることをやっていきましょう。

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック