常に自己評価を基準にして最善を尽くしているかどうかの基準で見る

他人からの言葉に影響されて、落ち込むこともありますが、評価というものは、他の人からの評価と自分の評価の2つがあります。

他人はあなたの思う通りの評価がありますので、常に自己評価を基準にして、自分は最善を尽くしているかどうかの基準で見るべきです。

一般的には他の人の評価はいつも厳しくあなたの全体を見て評価している訳でもなく、責任を持って、発言しているのではないのです。

ほんのわずかなうっかりミスを指摘して、できないと言ったり、常に完全完璧を求めているので、他の人の評価は厳しいといえるでしょう。

そんな評価を基準にあなたの心を痛めていては、身がもたないので、常に自己評価を基準にして最善を尽くしているかどうかの基準で見ることです。

よくあることで、完全完璧でない人が完全完璧の基準を他の人に求めるということがありますが、あなたを非難している人がどうであるかをよく観察してみるとわかります。

他人を非難しながら自分は完全完璧でないという矛盾があるのです。

冷静に観察すれば、そのことが見えてきますので、たとえ、あなたが非難されても、気にする必要などないのです。

あなたは常に自己評価を基準にして、あなたが精一杯最善を尽くしているかどうかの基準で見る必要があるのです。

もしも、夢に向かって前進しようと心に誓ったならば、他の人の評価をいちいち気にしていると、必ず挫折します。

他の人の評価はいいかげんで、責任感をもって発言しているわけではないので、常に完全完璧を求めてくるのです。

そんないいかげんな、他人の言葉をまともに相手にしていたら、耐えられなくなったり、あなたが潰れてしまうかもしれません。

他の人の評価を基準にしていると、弊害が出てきますので、続けることができなく、結局夢は諦めるしかないのです。

他人にたびたび非難されながら、続けられる意思を、多くの人は持っていないので、挫折してしまう可能性が高くなるのです。

自己評価を基準にすると出てくる評価基準が甘くなってしまうことも気になりますが、自己評価を基準を選んで最善を尽くすことを続けていけば、前進していけるのです。

毎日継続してやり続けることができている時は、夢に向かっていけるので、そのまま続ければ、夢実現は時間の問題になるのです。

ですから常に自己評価を基準にして最善を尽くしているかどうかの基準で見るほうを選ぶべきなのです。

最善を尽くしたかどうかの判断は、自分が一番わかっていて、言われなくても本当のことは、自分で知っていますので、どんどん改善していけば良いのです。

これからは、他人が何点つけようが、あなたはあなたの道を歩んでいきましょう。

あなたがいくら他人の意見を聞き、最善を尽くしても、他の人の評価はそれを正しく評価して、100点満点にしてくれるかどうかはわからないのです。

あなたはあなた自身がつけた評価で、最善を尽くすことを心がけて、正しい評価の判断基準で頑張っていけば良いのです。

人の成長段階は、人それぞれ違いますので、他人より前であっても後ろであっても、そんなことは、あなたには関係ないのです。

あなたのペースでコツコツと最善を尽くすことを積み重ねていけばどんどん夢や希望に近づいてくるのです。

他人はすぐには夢や目標を達成することができないのに、あなたには、短期間での成長を求めてくるかもしれません。

成功者であれば、成功までの道のりに、時間がかかることがわかっているので、あまり急がせるということを要求しないものですが、できない人に限って、いつも足りないところを
突いてくるのです。

そんな状況に陥ったとしても、あなたは自分の最善を基準にしていたら、そんな話は相手にするべきではないことがわかります。

常に自己評価を基準にして最善を尽くしているかどうかの基準で見る、今のあなたの知識やスキルの中で、最善を尽くせているのなら、あなたはあなたを褒めてあげてください。

行動している人こそ、知識やスキルというのはいつも不足しているので、完璧ではないのです。

その不足の中で、足りないものを取り入れ、最善を尽くしていくことで、どんどん上の段階に上がっていけるのです。

自分が最善を尽くしていない人ほど、短期間での成長を求めたり、完璧を求めてくる傾向にあるので、そんな自分自身ができていない、他人の言葉は相手にしないで、あなたはあなた自身が最善を尽くしているかどうかで評価するようにするべきなのです。

共に成長することで、喜び合える友が近くにいる人は幸せですね。

互いが幸せになったら喜び、互いに成長が確認できると喜び、互いのペースに干渉しないで、マイペースで頑張りあえる環境でいられると、夢や希望が叶う可能性も高まるのです。

学校生活では、完全完璧である人が評価を得る環境にあったので、完璧に装うことをしている人がいますが、他人の評価を気にしすぎると、あなたのペースが崩れるのです。

それより共に成長することを喜び分かち合える仲間と影響しあえると良いですね。

指示命令をしたり、されたりする時代は終わりました。

お互いに最善を尽くしていることを、認めあい、基準にして見ることで共に成長ができるのです。

成功者であっても、完全完璧でありませんので、常に完全完璧を求めてくる人は、あなたの責任ではなく、その人の課題なのです。

あなたはあなたの課題に干渉しないで、常に自己評価を基準にして最善を尽くしているかどうかの基準で見ることに、集中していきましょう。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック