不安を避けると固定化されて衰退の方向に向かい惨になるので、不安の感情と向き合う、成長ができる思考や行動をする



生きていると、不安という感情は出てくるもので、そんな感情は感じたくないものです。

不安は未来のことは誰にも分からないので、当り前のように出てくるのです。

しかし、不安を避けると固定化されて衰退の方向に向かい悲惨になるので、不安の感情と向き合う、成長ができる思考や行動をするようにしなければならないのです。

ひと昔であれば、時代の変化がゆっくりだったので、大まかな時代の流れは予測できたのですが、最近では激動の時代ともいえるように、変化のスピードがはやくなってきているのです。

まだ人類が経験したことのないことがおこってきているので、本当にどのようになるかは分からないのです。

これを察知して、不安がある人は正常な人だといえるでしょう。

わかればわかるほど、未来のことが分からなくなるので、不安を避けたいと願うのですが、不安を避けると固定化されてしまって、固定化されると衰退の方向に向かい惨になるのです。

不安を避け続けていると年齢と共に衰退するので、そうならないように、不安の感情と向き合う、成長ができる思考や行動をすることです。

不安を避け続けていると脳が活性化されないので、どんどん思考ができなってしまいます。

しかし、不安を感じているときは、居心地が悪いので、悪い感情が出てしまったと感じてしまうのですが、不安には、ポジティブな面があるのです。

不安を感じるから悪いというのではなく、不安を感じるから思考ができ、そこからの行動ができるのです。

もしも、何も不安を感じていなければ、思考ができないので、行動もできません。

行動しない期間が長いとだんだんと衰退していき、気付いたころには悲惨になってしまうのです。

人は成長するために生きているので、死ぬまで成長し続けたいものですね。

不安を避け続けていると、どんどん固定化されて衰退の方向に向かい悲惨になるので、不安の感情と向き合う、成長ができる思考や行動をするようにしたいものです。

ですから不安を感じたら、それを避けようとするのではなく、客観的に観察し、不安に慣れるようにしたいものです。

全く不安を感じてしまうことは、悪いことではないので、未来のことが分からないということからの不安はこれからも出てくるでしょう。

しかし、日々の歩みに最善を尽くしていけば、未来に備えることができるのです。

不安だからこそ未来のために行動するべきなのです。

行動をして最善を尽くしても、すぐには不安はなくなりませんが、積重ねていけばいくほど、土台ができてきますので、どんどん自分に自信を持てるようになるのです。

行動をしていくことで、自信を感じて、自信がつくことで、どんどん不安の思いは小さくすることができるのです。

不安はいくら避けようとしても、なくなりませんので、避けることができないなら、はじめから避けないほうが良いのです。

人は感情の生き物ですので、あなたの都合に合わせて、感じたい感情だけを感じるようには操作できないのです。

感情は、元々は一つなのですから、感じるか、感じないかなのです。

不安はなくなりませんが、行動を積重ねていけばいくほど、どんどん自分に自信を持てるようになり、不安を小さくすることができるのです。

人は、居心地が悪いからこそ行動できるので、脳を活性化させ、思考からの行動をしていくようにしていきましょう。

思考をしないで行動をしなければ、どんどん衰退へ向かっていきますので、不安は成長のチャンスと捉え、行動するほうを選んでください。

今後は不安を感じたら、避けるのではなく、真っ正面から向かうような心構えで対応していきましょう。

いきなりは無理かもしれませんが、そういう心構えに変わると少しずつ不安に慣れてくるようになれます。

不安を避けると固定化されて衰退の方向に向かい悲惨になるので、不安の感情と向き合う、成長ができる思考や行動をするようにしていきましょう。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック