自己変革の過程は破壊・創造・維持なので、最も難しい破壊ができれば、創造と維持は、比較的楽にできる


自己変革をしたいのならば、意図的にやっていく必要があります。

自己変革の過程は破壊・創造・維持なので、最も難しい破壊ができれば、創造と維持は、比較的楽にできるものなのです。

この破壊・創造・維持の過程を順番通りにすることで、自己変革は、スムーズにできるのです。

最も難しい破壊ができれば、創造と維持は、比較的楽にできるので、意図的に破壊することは難しいところなのですが、なんとかクリアーしたいですね。

自分を変えたいと思っても、今まで培ってきた自分は簡単に変えられないものです。

破壊となると、良いものも、悪いものも、全部手放すということなのですから、簡単にはいきませんね。

外的に手放すことなら勢いでできるかもしれませんが、内的にはなかなかうまくいかない人が多いのです。

内的に手放すとは、いつでも手放せる覚悟や準備がある状態のことをいいます。

いつでも手放せる覚悟や準備をするには、いつでも古い考え方を破壊ができる状態でなければならないのです。

古い考え方をすぐにでも手放し、新しい考え方に変換できる状態でなければならないのです。

もしも、新しいことをやっていこうとする時、古い考え方が残っていると、完全に腑に落とすことができないので、スムーズに進めないのです。

自己変革の過程は破壊・創造・維持という過程なので、最も難しい破壊ができれば、創造と維持は、比較的楽にできるのです。

ですから今まで築き上げてきたことを、内的にも、外的にも、手放していけるようにしなければならないのです。

今までの考え方を維持しながら、新しい考え方を付け足すことはできないということを、はっきりと府に落とす必要があるのです。

新築の家を建てる時であっても、一旦は破壊をして新地の状態にしているはずです。

いままであった家があっては、新しい創造はできないのです。

考え方を捨てるためにはおもいきった断捨離が必要なのです。

おもいきった断捨離である、ゼロの状態にしなければ、自己変革ができないのです。

自己変革の過程は破壊・創造・維持という過程で、最も難しい破壊をするときは、内的な葛藤も大きくなり内的な試練を通過するのです。

この試練は今まで築き上げてきた自我が崩壊していく過程なので、どんな人でも経験しなければならないのです。

新しい考え方を取り入れ、古いものを手放すということは、理論上ではわかっていても、内的な試練に耐えられないで、途中で止めてしまう人が多いのです。

感じたくない感情を無意識に避けたい気持ちはわかるのですが、避けてはいけないのです。

しかし、予め理屈で知っていることによって、避けてはいけないということは、認識できますね。

自己変革をするためには今、あなたがどんな段階を歩んでいるのかの時期を把握する必要があります。

破壊・創造・維持の、どこにいるのかを、意識的に把握することで、感じたくない感情を無意識に避けたい気持ちが出てきても、回避することができるのです。

自己変革ができるようになると、今まで見ていた景色が変わり、心も変わるのです。

そこまで辿りついたら、今までと同じものを見たとしても、見え方が変わるので、そこの世界から、新しい創造ができるようになるのです。

もしも、あなたが経験した内的な試練が大きければ大きいほど、試練に見合った大きなメリットが期待できますし、試練はいつまでも続くものではないですので、おもいきった断捨離である、ゼロの状態にしたいものです。

自己変革の過程は破壊・創造・維持という過程なので、最も難しい破壊ができれば、創造と維持は、比較的楽にできるのです。

新しい創造ができる自分になるため、自己変革を行いましょう。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック