何かを得たいのであれば何かを手放す。手放せば手放すほど、視野が広がり、新しいことを認識することができ、新しい行動ができ結果を変えることができる


今、自分の元にあるものを手放すとなると、違和感を感じて、手放したくないと思うものです。

しかし、何かを得たいのであれば何かを手放すことです。

手放せば手放すほど、自分の中の空間ができますので、そこから視野が広がったり、新しいことを認識することができるようになったり、新しい行動ができ結果を変えることができることができるのです。

しかし、自分が溢れるほどのものを持っていると、新しいものを認識することができないのです。

新しいものを見つけたら、どんどん取り入れていきたいものなのですが、抱えていたものを手放さなければ新たなものを入れる空間がないのです。

何かを抱えながらでは新しいものを見つけることが困難ですし、見つかったとしても、自分の中へ取り入れる空間がないのです。

ですから日ごろから、不必要なものは、どんどん手放していき、新たなものを取り入れるという循環を作っていきたいものですね。

いっぱいの荷物を持っていると、持っているだけでも精一杯なので、新しいものがあっても、それ以上いっぱい持とうとはしませんね。

私たちが抱えられるものには限度がありますので、日ごろからどんどん手放して、シンプルにしておいたほうが良いのです。

何かを得たいのであれば何かを手放すことです。

手放せば手放すほど、視野が広がりますし、新しいことを認識しやすくなるし、新しい行動ができ結果を変えることができるという良い循環を作ることができるのです。

ですから何かを得たいと思ったら、得るために、先に手放すことが必要なのです。

何かを抱えたまま、新しいものを受け取ることができないので、得るより先に手放すのです。

より多く手放して、より多くの真空をつくると、そこから自然に埋めようと作用するので、より多くのものを入れることができるのです。

これは、物質だけのことではなく、過去の考え方も含まれるのです。

過去の考え方を手放すことで、新しい考え方を認識することができるので、新たな考え方を取り入れることができるのです。

過去の考え方を手放せない人、新しい情報を常に抱えようとする人は、いっぱい、いっぱいのもので、溢れているのです。

新しい情報を認識しても、他の人に教えないようにすることも、手放さないことになっているので、注意が必要ですね。

他の人に教えないようにしている行為は、自分だけでかかえこんで、執着をしていることになりますので、良いことは、みんなに共有していくほうが良いのです。

手放すことをしないで、執着をしていると、どんどん視野が狭くなったり、物事の認識が、正しくできなくなったりしてしまいますので、悪循環にならないように、気をつけたいですね。

一番良いのが全ての外的なものも、内的なものを手放すことなのですが、実際には全部捨てるのではなく、いつでも手放せる覚悟があれば良いのです。

それをふまえてまずは、使っていない物、必要ないものを捨てることからやってみると良いですね。

どんどん物を捨てることが習慣になってくると、自然に心もシンプルになってくるのです。

毎日、あなたの周りには、溢れるばかりの情報が飛び交っているのですが、捨てるだけではなく、入れない工夫をすることも有効なのです。

合わせて使わない情報を手放すことでも、どんどん脳がスッキリしていくのです。

頑固に過去に執着していては、どんどん時代の流れに取り残されてしまいますので、常に手放していくことです。

何かを得たいのであれば何かを手放すことです。

手放せば手放すほど、そこに空間ができますので、視野が広がったり、新しいことを認識することができるようになります。

どんどんいろんなものを手放し、新しい行動ができる循環を作っていき、結果を良い方向へと導いていきましょう。

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック