過去の記憶が不安や恐怖で邪魔をされて行動できないので、過去の記憶のトラウマを小さくするため瞑想する

過去の記憶が不安や恐怖で邪魔をされて行動できないでいる人がいます。

行動できないトラウマの正体は、過去の記憶のトラウマなので、過去の記憶のトラウマを小さくするため瞑想することが、効果的です。

行動しようとする意志を強めるより、過去の記憶のトラウマを小さくするための瞑想のほうが、効果が出るのです。

しかしながら、過去の記憶というのは、曖昧で記憶が間違っていることも多いのです。

ですから人の記憶はあてにならないですね。

幼い頃にうけた親からの虐待は、大きく影響していて、トラウマになっているケースは非常に多いのです。

これは、無意識のうちに出てくるもので、本人は、幼い頃の記憶が明確に思い出せているわけではないのです。

記憶というものは、時がすぎると良かったことも、悪かったことも、どんどん小さくなっていくので、過去の記憶のトラウマを小さくするため瞑想で、どんどん記憶を手放していきたいものです。

時にはあなたがトラウマとして記憶に残っているものが、明確に残っている場合もあります。

そんな時は、昔の写真でイメージが明確になったり、幼い頃の話しを聞かされたりした情報から、記憶をトラウマとして強化された可能性もあるのです。

通常であれば、虐待を受けても、記憶が小さくなってきますので、トラウマにはならないし、実際に虐待を受けていないのに、受けたと聞かされて、それを信じてしまっている場合もあるのです。

ですから真実とは違う記憶が大きくなっている可能性もあるので、記憶というものは、曖昧ですね。

過去の記憶が不安や恐怖で邪魔をされて行動できないので、過去の記憶のトラウマを小さくするため瞑想することで、曖昧な記憶を取り除いていく必要があるのです。

今後のあなたの人生は、あなたの過去がどうであったかは関係ないので、過去の記憶のトラウマを小さくするために瞑想で、どんどん過去の記憶を取り除いていきたいものです。

過去の記憶が小さくすることができれば、トラウマに左右されることはなくなりますので、良い記憶も悪い記憶も、どっちもどんどん小さくしていくことです。

過去の記憶が不安や恐怖で邪魔をされて行動できないので、過去の記憶のトラウマを小さくするため瞑想することで、前に進めない原因が、解消されていくのです。

もしも、過去の記憶を引きずったままだと新しいことを始めようとしても行動できないので、過去の記憶が不安や恐怖で邪魔をされるのを事前に防いでいきたいものです。

瞑想で、そんな過去の記憶を小さくできますので、過去の記憶に邪魔をされないように、瞑想は継続していくことが必要なのです。

過去の記憶が原因となって、邪魔をしている影響のため、行動できないでいる人は多いので、曖昧な記憶であなたの行動が妨げられているのは、回避するべきなのです。

どうでもいい過去の記憶が小さくなっていくことで、今とこれからの未来を正しく見ることができるようになれますので、ゼロのような状態から前に進めるようにしたいものです。

過去の記憶が小さくなっていくことで、毎日が新鮮に見えたり、見える世界が変わってきますので、毎日を新鮮に生きることもできるようになります。

目の前のことがありのままに見えるようになってくると、周りの状況も正しく判断できるようになりますので、自然に行動ができるのです。

また、過去のことを発言しないことで、過去の記憶のトラウマを小さくできますので、過去は何もなかったというくらいの意識があるのも良いものなのです。

過去の記憶のトラウマを小さくするために瞑想する習慣を身につけ、過去の記憶が不安や恐怖で邪魔をされて行動できないことを、回避していきましょう。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック