最善を尽くしても、それ以上伸びないことは諦めるべき。天職は、諦めてはいけないので最善を尽くして、精一杯投入する



最善を尽くしても、それ以上伸びないことは、諦めていいことです。

天職は、諦めてはいけないので最善を尽くして、精一杯投入するのです。

諦めるというと、気合や根性で、無理をしながらでも頑張るべきだという考え方の方も、多いのではないかと思います。

そんな雰囲気を感じて、無理に続けようとする経験のある人も、多いのではないかと思いますが、大抵のことは諦めてもいいのです。

なぜならば、天職が見つけるためには1つのことにこだわっているのではなく、より多くのことを体験することによって、本当にやりたい天職がはやく見つかるからなのです。

天職でないものやっていると、最善を尽くしても、それ以上伸びないことであるとわかってくる時期がきますので、気付いたら、諦める必要があるのです。

人それそれの個性だったり、積み上げてきたものも違いますので、どんなに努力をしても、報われないものもあるのです。

大人は往々にして、できないことを無理して続けさせようとする傾向性がありますが、本人が最善を尽くしても、それ以上伸びないと感じているものなら、諦めさせて良いのです。

ただ諦めるための判断は、どんなことであっても最善を尽くすという行動を継続した時期があっての判断ですから、最善を尽くしてもできないことの証明の時期は必要なのです。

ダメだと思ったら、諦めることで解放されていきますので、解放しやすくするためにも、本人が最善を尽くしても、無理であった証明は必要なのです。

最善というのは個々の感覚で、人それぞれの精一杯という定義はいろいろなのですが、自分なりのできることを精一杯投入することができていればOKです。

今の環境や状況やスキルの中で、人それぞれの精一杯の努力がありますので、他人と比較しなくて良いのです。

最善を尽くしても、それ以上伸びないことは諦めるべきです。

天職は、諦めてはいけないので最善を尽くして、精一杯投入することです。

こう考えてみると、多くのことに挑戦しても、ほとんどが諦めるべきことに到達するようになっていますので、それ以上伸びないことは、多いのです。

何でもかんでも完璧にできて、天職にできる人をうらやましく見えるかもしれませんが、そんな人であっても諦めてもいいのです。

みんなに共通した、諦めてはいけないものがあるのですが、それは自分自身です。

なかなか才能が見つからないと、焦る気持ちも出てくることがありますが、何歳であっても、どんな状況であっても諦めてはいけないのです。

他の人があなたを諦めようが、あなた自身は自分のことを諦めてはいけないのです。

自分には才能があるのですから、見つかるまで、どこまでも信じていけば、才能は必ず見つかるのです。

若い時期に才能が見つかる人もいますし、ある程度のとしを重ねた時に、才能に出会う人もいるのです。

才能が生かせる寿命というものもありますので、才能がなかなかみつからなかった人がみつかった場合は、長い年月使える才能である可能性もあるのです。

ですから何歳であっても才能は、諦める必要がないのです。

多くのことに最善を尽くしていくことで、何を諦めるべきかがわかるようになってきますので、日ごろから、目の前のことに自分なりのできることを精一杯投入することをしていくと良いですね。

人の視野というものは、どうしても狭くなりがちなので、一つのことしか見えなくなってしまわないように、心に緩みを持たせておくことも必要です。

時には熱中していた一つのことを諦めてしまって、全てを失ってしまうような感覚に陥る方もいますが、今の世の中には無数の分野があるので、1つのことだけに、固執しないほうが良いですね。

できる限り多くのことに挑戦していくことで、いっぱいの体験ができますので、そんな中から才能が見つかる可能性もあるのです。

最善を尽くしても、それ以上伸びないことは諦めるべきです。

天職は、諦めてはいけないので最善を尽くして、精一杯投入することです。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック