相手の成長のために教育する説得であるか、自分の利益を得るための洗脳する説得であるかを見極め、成長につながっているものに自己投資する


人を指導する時は、説得が必要なのですが、相手の成長のために教育する説得であるか、自分の利益を得るための洗脳する説得であるかを見極める必要があります。

説得には、教育する説得と洗脳する説得があるのです。

自分の利益を得るための洗脳する説得のまま動いても、あなたの成長には繋がりませんので、成長につながっているものに自己投資するような判断をしていかないといけないのです。

自分の利益だけを得るための説得は、無意識のうちにされていることもよくあるし、最近では営業マンがその手法を使う場面も増えてきていますので、気をつけないといけませんね。

深夜にある、テレビのCMを見ていると、洗脳に近いマーケティング手法をたびたび使っているのす。

それを知らないで見ている人は、購入した後で、必要ない物を買わされたと気付くのです。

騙されそうになった時、相手の成長のために教育する説得であるか、自分の利益を得るための洗脳する説得であるかを見極め、成長につながっているものに自己投資することができているのかどうか、確認する作業をすれば、回避できる可能性も高まるのです。

説得の技術は営業マンがやっている教育の場面でよく登場するのですが、ビジネスをするなら商品を紹介するためには必要な過程にあるものなのです。

洗脳の説得もあるので、相手の成長のために教育する説得であるか、自分の利益を得るための洗脳する説得であるかを見極めなければいけません。

大して差がないので、どっちなのかを見極めることが難しいことも多いのですが、見極めるポイントは動機なのです。

動機は目には見えないので、わかりずらいことがあるのですが、外的な環境を使っていることがポイントです。

こないだの動画の宣伝では、バックに本が沢山並んでいました。

本棚の前で話しをすることで、専門的な知識が豊富であるような外的な環境を使っているので、外的な環境の影響を受けて説得された方も多いのではないかと感じました。

しかし、それがリラックスしているようなところであれば、説得力がないように思えるのです。

教育をする人から購入するか、洗脳をする人から購入するか、外的な環境を使っている場合は洗脳されれいるのです。

教育をする立場の人は洗脳をしないようにしてほしいですね。

近年では、説得の技術がどんどん高度になってきて、ボッと見ていると、無意識に洗脳されてしまうので、気をつけないといけませんね。

洗脳する人の技術もどんどん上がっている今、洗脳されない見極める力も必要とされる時代になったのです。

今後もマーケティングの技術が上がってくることが予想されますので、相手の成長のために教育する説得であるか、自分の利益を得るための洗脳する説得であるかを見極め、成長につながっているものに自己投資するようにしましょう。

教育に必要な物であれば購入して、自己投資するようにすると良いのですが、教育につながらないことならもう一度、どうしてそれが必要なのか、点検してみるべきです。

購入により、あなたが成長ができるかどうかを基準にしていかないと、いろんなものが溢れているこの時代には、騙され続けるのです。

しっかりと自分を教育していくことで、洗脳されないようになってきますので、深いところにある動機をしっかり見るようにしてください。

このように、しっかり見極めることを繰り返していくことで、教育なのか、洗脳なのかを見破ることができる直感も鋭くなってくるのです。

相手の成長のために教育する説得であるか、自分の利益を得るための洗脳する説得であるかを見極め、成長につながっているものに自己投資するようにしていきましょう。


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック