恐怖心に支配されると、冷静な感情を保てないので、予測不可能な大きな恐怖を越えるために、素直に自分を認める


未来が予測できたり、理解できていると、そんなに恐怖心は出ないのですが、どうなるのかわからないと、不安になってしまいます。

人間は、予測不可能なことに恐怖を感じ、恐怖心に支配されると、冷静な感情を保てなくなるのです。

予測不可能な大きな恐怖を越えるためには、素直に自分を認めることです。

素直に認めることができないでいると、いつまでも恐怖を乗り越えられないので、予測不可能な大きな恐怖を越えるために、素直に自分を認めるべきなのです。

素直に認めることができれば、予測不可能な大きな恐怖を越えられるのですから、素直に認めることができる自分になるためどうすれば良いのかを模索したほうが良いですね。

頭では理解することができても、恐怖を乗り越えられる人は、ほんの少数と言われているので、すぐに恐怖心を乗り越えられないで、自分を攻めるのは、賢明ではないのです。

素直に自分を認めることができる自分に変わるのが恐いと自覚している人もいれば、素直に認めることができていないのに、できていると錯覚している人もいますので、なかなか簡単にはいきませんね。

恐怖を自覚できていない人も確認してみれば、多いということがわかっているのです。

そんな自覚できていない人であれば、乗り越えるための時間がかかることになるでしょう。

自覚できてい人の特徴として、変われない原因を他人や環境のせいにすることが挙げられます。

時には作り話をしてまで、自分を正当化するのです。

恐怖心に支配されると、冷静な感情を保てないので、予測不可能な大きな恐怖を越えるために、素直に自分を認めることです。

変わることができるかどうかは、素直に認めることができるか、できないかにあるので、素直になるほうを選びたいものですね。

予測不可能な大きな恐怖であっても、越えられる人は、いるのです。

そんな人は、素直に自分を認めることができた人なのです。

どうなるのか未来が予測できないままでいると、当然不安や恐怖が出てくるのです。

しかし、予測ができればできるほど、不安や恐怖は出てこないのです。

素直に自分を認めるように人が変わる時には、自我を壊すという過程があります。

この過程がやっかいで、築き上げてきたものを崩さなければならないので、大きなストレスがかかるのです。

しかし、家を建てる時と同じで、中途半端ではなく、完全に崩さなければ良いものは作れないのです。

何もない、全く0の状態から積み上げていくことは、どんな未来になるのかわからないので、不安や恐怖が出てきてしまうものですね。

しかし、完全に崩さなければ良いものは作れないので、予測不可能な大きな恐怖を避けていると、前に進めないのです。

今までと同じことをやっていれば、未来も同じわけではないのです。

変わらないでいれば、イヤな感情も避けられると思いがちですが、停滞は、後退へと繋がっていくのです。

恐怖を感じなくて済むほうを選んでしまうと、今までと変わらないことを選ぶことになるので、多くの場合、停滞ではなく、後退していることとなるのです。

いつまでも、後退していると、後になって、築き上げてきたものが、崩れ去っていたことに気付く日が来るのです。

恐怖という感情は、誰にでも出てくる感情であるので、出ないように努力しなくても良いし、意図的に、出てくるものを止めようとする行為はするべきではないのです。

そんな恐怖が出てきた自分を受け入れ、認めて素直になることで、予測不可能な大きな恐怖を越えられるのです。

中には恐怖心が強く出てくる人もいるもので、その恐怖心に支配されてしまうと、冷静な感情を保つことが難しくなってしまいますので気をつけたいものです。

恐怖心に支配されると、冷静な感情を保てないので、予測不可能な大きな恐怖を越えるために、素直に自分を認めることです。

恐怖という感情は、誰にでも出てくる感情であるので、出てきた感情を止めるのではなく、認め、受け容れていくことで、乗り越えることができるのです。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック