恐怖心に支配されると、外からの脅威をやたらと反発するようになるので、恐怖を越えるためには現実を素直に認めることです。



成功者は根拠のない自分を信じている傾向性が強く、夢や希望を叶えるための努力を継続してコツコツと努力を積み重ねることができます。

このような状態を作るっことで、少々の壁が出てきても、乗り越えられ、努力を積み重ねていけるのです。

しかし、恐怖心に支配されている人は、外からの脅威をやたらと反発するようになるので、恐怖を越えるためには現実を素直に認めることです。

現実を素直に認めること、自分の可能性を信じて、自分に自信を持つことによって、少々の壁が出てきても、乗り越えられ、努力を積み重ねていけるのです。

根拠のない自分を信じて、自分の人生も信頼している状態を創りあげていくためには、恐怖を越える必要があるのです。

恐怖を越えるためには現実を素直に認めることをしなければ、恐怖心にいつまでも支配されることとなり、結果、外からの脅威をやたらと反発するようになってしまうのです。

成功者であっても、予測不可能な領域に飛び込もうとする時には、不安や恐怖の感情が出てくるので、そんな感情が出てくるのは仕方がないことなのですが、成功者はそこから恐怖を越えるためには現実を素直に認めているのです。

外からの脅威をもっている現状を変えなければ、恐怖心に支配されてしまいますので、自分を変える勇気を育てていくべきです。

恐怖心を、本当の意味での転換をするには、自分は恐いんだと素直に認めることをすれば良いのです。

認めないでいると、強烈に感じる恐怖心が襲ってきた時、冷静な判断ができなくなるので、そんな経験をしないためにも、恐怖を越えるためには現実を素直に認めることです。

外からの脅威をもっている現状を認めようとした時、失敗してしまうこともよくあることなのですが、またやり直せるので、何度でもチャレンジするあなたでありたいですね。

男性であれば、余計にこのような兆候が出てくるものなのですが、恐怖心を必死に隠そうとしてしまう兆候が出てきたら、気をつけなければいけません。

隠そうとしてしまう兆候からの、恐怖心は、強いので、素直になろうとしないで、理屈で正当化してしまうのです。

そんな人であれば、自分を正当化するため、天才的な理屈を創りあげる行動をするのです。

このようなことを繰り返してばかりいると、正当化の習慣から抜け出せなくなりますので、気をつけたいものです。

恐怖心に支配されると、外からの脅威をやたらと反発するようになるので、恐怖を越えるためには現実を素直に認めることです。

恐怖を越えられる人と越えられない人が、振り分けられてしまう原因は、現実を素直に認めることができるかどうかなのです。

素直に認めることで、予測不可能な大きな恐怖を越えることができるのですから、現実を素直に認めること、正当化の習慣を転換していく生き方を歩んでいきましょう。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック