学んだことを即行動に移す。体験を増やすと学びが深まるので、そこから答えを見い出すことができるようになる


どんなにいろんな知識を知っていても、行動しなければ、本当の意味では理解できないのです。

学んだことを即行動に移す。

体験を増やすと学びが深まるので、そこから答えを見い出すことができるようになるのです。

本当の学びになるように、即行動をして、いろんな体験を通して本当の意味での学びをしていきたいものです。

最近では、激動の時代といわれるように、変化のスピードが速まってきているのです。

そんな激動の時代は、誰も経験したことがないことがどんどんおこってくるので、答えがない時代であるのです。

変化がゆったりの時代においてはこれだけをやっていれば何とかなるということもあったのですが、現代においてはそんな考え方は、通用しないのです。

ですから学んだことを即行動に移すということが必要となっているのです。

体験を増やすと学びが深まるので、そこから答えを見い出すことができるようになるので、行動を継続していれば、変化のスピードについていけるのです。

答えがない今の時代に乗り遅れないようにするために、常に試行錯誤しながら答えを見つけていく方法であったり、答えをつくっていくことをしていかないと、会社であっても通用しないのです。

どんどん行動して、いろんな体験を増やしていけば、学びが深まっていくので、どこから答えを導き出すことができるのです。

学んだことを即行動に移す、体験から学ぶ姿勢をもち、体験を増やすと学びが深まるので、そこから答えを見い出すことができるようになるのです。

このようにして、新しいことをどんどん学んで、そこからの体験を積んでいくことで、新しい気づきが得られるので、何かを閃いたら、即行動にうつすようにすることで、どんどん答えを導き出すことができるのです。

このような理想の姿で即行動をし、良い循環を創りあげていきたいものです。

何かを極めるためには一足飛びではできなく、どうしても、時間やエネルギーが必要になるのです。

ですからいかに、最初の第一歩を踏み出しはじめるのか、スピード感も必要になってくるのです。

人のテンションは長くても48時間しかもたないし、人はすぐに忘れる生き物なので、即行動にうつさないと、せっかくの閃きが、流れてしまうことにもなるのです。

閃いたら即行動。

行動からの、新しいことを学べばさらに、テンションが上がるので、良い循環を創りあげることができるのです。

テンションが上がったことを、即行動にうつすことにより、モチベーションに変換することができますので、迅速な行動が必要なのです。

あなたの周りにいる、成功者といえるモチベーションが高い人は、即決めて、即行動をしているはずです。

そんな循環でいきていれば、体験を増やすことができますし、学びが深まるので、そこから答えを見い出すことができるようになるのです。

知っていることを行動にうつす、体験を積重ねることで、実際に活かして応用もできるようになってきますので、行動量を意図的に増やしていくべきなのです。

変化のスピードがはやい、これからの時代においては、行動する人であったり、行動を続ける人がどんどんそこから答えを見い出すことができるようになるので、どんなに時代が変化しても、対応できる器になれるのです。

行動をしなければ、何も学べないので、時代の変化に取り残され、残念な未来を体験することとなるのです。

これからは、行動をしなければ学べていないということを自覚し、多くのことを学んでいく姿勢をもってください。

多くの体験を積重ねていけば、内的な器も広がりますので、更にそこから答えを見い出すことができるようになるのです。

これからやってくる激動の時代に乗り遅れないように、良い循環をつくっていきましょう。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック