最初から無意識に完全完璧を求めることをしない、結論的な知識で教育しないで、多くの体験を積んで価値を高める教育をする


学校教育では、頭だけで記憶させる授業が多いのですが、体験を伴っていないので、忘れてしまいやすいのです。

人の記憶ほど曖昧なものはないのですから、これではせっかく記憶しても、役にたたないのです。

最初から無意識に完全完璧を求めることをしない、結論的な知識で教育しないで、多くの体験を積んで価値を高める教育をするようにすれば、学んだことを、活用できるので、学んだことを、行動に移すところまで、行いたいものですね。

実際に身体で体験したことであれば、記憶が忘れてしまったとしても、身体が覚えているので再現できるのです。

学校生活における時間は長いですから、その貴重な時間を価値がある教育へと、体験をさせてあげる教育へと変えていってほしいものです。

学校生活では、いかに良い点をとれるかを重視する傾向にありますが、時には多くの失敗をさせてあげて、本当の学びへと繋がることも、評価してもらえると良いですね。

大切な若年期に、より多くのことを体験から学ぶことができたかで、その人の人生も、大きく変わってくることでしょう。

最も最悪の教育は体験をさせないことですので、最初から無意識に完全完璧を求めることをしない、結論的な知識で教育しないで、多くの体験を積んで価値を高める教育をするように、していきたいものです。

子供の頃の失敗というのは、大事にはなりにくいですから、そんな子供のうちに、多くの失敗を学ぶことにより、大人になってから、大きな失敗をしないですむのです。

ですから自分の子供には、多くの体験をさせてあげる環境を与え、失敗から学ばせてあげる体験をさせてあげたいものです。

しかし、多くの大人は最初から無意識に完全完璧を求めてしまう傾向が強いのです。

共働きが増えてきたり、忙しくなってきている世の中ですので、人を育てていく心の余裕がないことが原因となっているのが現状であるのかもしれませんね。

人の教育は体験からしか学ぶことはできませんので、指導者は、失敗しても、責めないように、子供に安心感を与えてあげたいものです。

インターネットが普及した今、検索すれば、いろんな情報が簡単に入手できるようになってきましたので、最近の子供は多くの知識を知っているようになってきました。

しかし、知識を大量にもっているより、どれだけ多くの体験を積んだかに価値があるのです。

ですから失敗をしてもいいという安心感と、体験をさせてあげる機会をできるだけ多くさせてあげられるような環境を作り出していきたいものですね。

実力がある人は、人に手伝ってもらうより、自分でやった方が早くできるので、人を育てるのことを不得意としている人が多く見受けられます。

成長の速度は人それぞれ違うのですから、人を育てるためにはある程度の忍耐をもって、手出し、口出ししないで、見守っていく余裕が必要なのです。

最近では、そんな忍耐と余裕がない人が増えてきていることにも、健全な教育ができない原因となっているのかもしれませんね。

最初から無意識に完全完璧を求めることをしない、結論的な知識で教育しないで、多くの体験を積んで価値を高める教育をするということを、教育のスキルとして、取り入れることで、少しは改善できるのではないかと思います。

知識を暗記する教育から、体験を通して学んでいく教育に変えていくことができれが、より良い環境を子供に与えることができると思うのです。

家庭生活であっても、どれだけ体験する機会を提供できるかを考えながら、余暇の過ごし方を予定してみると良いですね。

そのような教育の環境を作ってあげることができるかできないかで、大きな差ができてしまうので、日々の積み重ねですね。

もう、知識を一方的に教える教育は終わりにし、知識を通して体験ができるように導ける教育にすることが、今後の教育の課題でもあると考えています。

学んでも、行動ができなければ役に立ちませんので、身体で覚えることができるように、一生使えるスキルとして身につけることができるように、行動からの体験まで経験させてあげたいものです。

最初から無意識に完全完璧を求めることをしない、結論的な知識で教育しないで、多くの体験を積んで価値を高める教育をすることで、一生使えるスキルが増えると良いですね。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック