他の人に満たしてもらうことを一切期待しないで、心理的な自立である、自分で自分を満たす


自立を自己中のように勘違いしている人がいますが、自立は自己中ではなく、自分で自分を満たすことです。

他の人に満たしてもらうことを一切期待しないで、心理的な自立である、自分で自分を満たすことをするべきなのです。

あたたがどんなに願っていても、期待通りに満たしてくれる人は、現れる可能性は極めて少ないのです。

他人は他人のことに、興味関心がないし、あなたの思い通りに満たしてくれるという期待は裏切られる可能性が極めて高いのです。

あなたの希望通りに満たしてくれる可能性が少ない他人に頼るにはやめて、あなたは自分で自分を満たすべきなのです。

他の人に満たしてもらうことを一切期待しないで、心理的な自立である、自分で自分を満たすことができるようになってくることで、あなたは他の人も満たしていけるようになるのです。

先に自分を満たしていかなければ、他の人を満たすことができないので、あなたは満たされるべきなのです。

理想論やきれいごとで、自分を犠牲にして他者のために尽くしている人がいますが、そんな人ほど満たされていない可能性が高いのです。

自分を犠牲にしてしまっている意識を持っていると、人はどこかで無意識にバランスを取らなければならなくなるのです。

無意識のうちに、自分を犠牲にした穴埋めを、別の弱いものに冷たくあたって穴埋めをしてしまうのです。

やたらと誰かに気を使っていると、どこかで穴埋めをしなければならないので、無意識のうちに、誰かを冷たくあしらってしまうのです。

どこかで無理をしていると、その反動がきますので、理想論やきれいごとで、自分を犠牲にして他者のために尽くしている行為は間違っているのです。

他の人に満たしてもらうことを一切期待しないで、心理的な自立である、自分で自分を満たすようにしなければ、いじめる子になってしまう可能性は高いといえるでしょう。

いじめる子は、すでに誰かにいじめられているので、最終的にな自分で自分を満たすことをしなければ、永遠にいいめの傾向は続くのです。

満たされていないストレスを、他の人をいじめてバランスを取ろうとするのは、自分で自分を満たすことをしなければ、永遠に続くのです。

心理的な自立をすすことができている人は、いじめをしようとしません。

ですからあなたは自分で自分を満たす必要性があるのです。

満たされれば、他の人をいじめようという発想は、自然になくなってしまいますので、結局は、あなたが満たされることで、解決できるのです。

自分で自分を満たせる人が増えることによって、自然に他の人も満たすことができる輪が広がっていきますので、どんどん満たされた世界へと変わっていけるのです。

他の人に与えることができるようになる人となるため、あなたは他の人に満たしてもらうことを一切期待しないで、心理的な自立である、自分で自分を満たすことをしなければなりません。

これからは、自分で自分を満たしていくため、自分を犠牲にして他者のために尽くすのはやめるべきです。

そして、あなたはあなたを満たすために、好きなことをやるようにしていきましょう。

あなたは好きなことをやっている時間を持つことにより、満たされてくるのです。

ですから自分はどんなことをしている時が、楽しく満たされているのか、観察してみると良いですね。

他人が楽しそうにしているからだとか、こんな行動をとると喜んで貰えるといった考え方では正しい楽しく満たされる答えは導き出せないのです。

答えはあなたの外の世界にはないので、あなたの心を観察し、自分で気づくしかないのです。

最近では、ストレスを持っている人が増えてきているのですが、そんなストレスを多くもっている人は、好きなことをやっていないのと自分を犠牲にしていることが原因なのです。

間違ったやりたいことをやっている事例としてあげられるのが、ボランティアです。

あなたは本当にボランティアをしたいと願っているのでしょうか。

他人に褒められるのを期待してやっている人は、ボランティアをやらなかった人を非難して、解消しようとするのです。

本当にやりたかったことなら、楽しそうな顔をして、ボランティア活動をしているはうですし、そんな活動をしなかった人を攻めたりはしないのです。

このような、一時的な娯楽の発散では、本当の意味でのストレスは解消できないので、間違った満たし方をしていると、いつまでも満たされないのです。

他の人に満たしてもらうことを一切期待しないで、心理的な自立である、自分で自分を満たすことをやっていくことにより、あなたはどんどん満たされていきます。

あなたが満たされた良い影響は、他の人も満たされていくのですから、あなたは周りの人に気を使わないで、満たされていいのです。

心理的な自立をしている人は、自分で自分を満たすことができるので、行動も主体的にできるようになってくるのです。

これからの時代は主体的に行動していかなければ、時代の流れに取り残されてしまいますので、他人の言葉で行動するのではなく、あなたの考えで、主体性をもって、行動していきましょう。

自立をして主体的な行動をするという良い循環をつくっていき、他の人に満たしてもらうことを一切期待しないで、心理的な自立である、自分で自分を満たす。

このようにすることで、あなたは満たされた幸福感を味わうことができ、その満たされた輪をあなたの周りに循環させることができるようになるのです。

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック