自分を変えよう、成長しようという意欲を持った人間しか変化することができないので目標に向かって主体的に動ける仕組みを作るのは、自分です。



自分を変えよう、成長しようという意志があっても、なかなか達成までいかないことはよくあります。

自分を変える意欲を持った人間しか変化することができないので、他人や環境に頼っていると、失敗するのです。

目標に向かって主体的に動ける仕組みを作るのは自分ですので、他人に変えてもらったり、変えられることを望むのは、間違っているのです。

他人や環境に影響されて、あなたの自由が奪われることは避け、自を変えよう、成長しようという意欲を持った人間しか変化することができないので目標に向かって主体的に動ける仕組みを作ることをしていきましょう。

自分が持っている個性からの成長を引き出すために、自分で考えた、主体的な目標を持ちましょう。

異聞の目標をコツコツ継続して積重ねていくことで、あなたの夢や希望は達成へと近づいてくるのです。

自分を変えよう、成長しようという意欲を持った人間であっても、時にはやる気が小さくなることもあるのですが、自分で立てた目標であれば、やる気を継続することができるのです。

自分を変えよう、成長しようという意欲を持って、自分で目標を立てる。

そこから主体的に動ける仕組みを作りをする。

このような順番で主体的に動ける仕組みを作ることで、あなたは自然に行動が継続しやすくなるのです。

自分で立てた目標に対してやる気をもって生活していると、あなたはあなたをどんどん信頼できるようになり、自信もついてくるのです。

自分を変えよう、成長しようという意欲を持った人間しか変化することができないので、人から与えられた目標では、やる気は継続しづらいのです。

自分で目標を立てて、それが主体的な目標であることによって、本気で取り組むことができるので、どんどん前進していけるのです。

受け身で与えられている人と、意欲を持った人間とは向き合う姿勢が違いますので、停滞してしまう人と、いくら時間があっても足りないくらい行動していく人とに別れてくるのです。

これからの時代は激動の時代とも言われていて、スピード感をもって行動していかないと、変化のスピードに取り残されてしまうのです。

そんな時、他人や環境に影響された動きをしていては、間に合わないのです。

自分で主体的に決めて行動して、自分で考え行動する。

外の変化のスピードが速くなっているのですから、あなたも迅速に意志決定のスピードをはやめるようにしないと、乗り遅れてしまうのです。

自分を変えよう、成長しようという意欲を持った人間しか変化することができないので目標に向かって主体的に動ける仕組みを作る。

これによって、あなたは自然に行動が継続しやすくなるのです。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック