今の状態を大きく変えたい時は、今あるものをおもいっきり手放すこと、最初の状態に戻す勢いが必要です。



今の状態を大きく変えようとする時は、勇気が必要ですし、変化にストレスを感じることもあります。

しかし、本当に今の状態を大きく変えたいと思うのであれば、今あるものをおもいっきり手放すこと、最初の状態に戻す勢いが必要です。

今の状態を大きく変えたい時は、ゼロの状態に戻すほうが、良いものが出来上がるのです。

手放すのを恐れて、中途半端な手放し方が一番良くないので、手放す時にはおもいっきりの勢いが必要なのです。

今の状態を大きく変えたい時は、それをやるか、やらないかを選択しますが、やると決めたらスピード感をもって、おもいっきり手放すのです。

今の状態を大きく変えるということは、外科の手術にも似ていて、切るならしっかり切らないと、中途半端に切ってしまうと、余計に身体に負担をかけてしまうのです。

今の状態を大きく変えたいと行動していくと、いろんな弊害が出てくるものです。

そこでの弊害は、いろんなパターンがあると思いますが、基本はある意味無情になって、手放すことです。

時には一気に全くゼロの状態に戻す勢いで、今あるものをおもいっきり手放すこと、最初の状態に戻す勢いが必要です。

大会社の社長であっても、無情になって決断しなければならないことはよくあることで、全員の社員に良い顔をしていては、前に進めないこともあるのです。

良い方向へと改革するならば、今あるものを手放し、最初の状態に戻す勢いで決断を強めなければ、時代の変化に取り残されてしまうこともあるのです。

今の自分の状態を大きく変えたい時も、今あるものをおもいっきり手放すこと、最初の状態に戻す勢いが必要です。

自分自身を変えようとするのか、しないのか、手放したり、やらないことを決めると今までなかった弊害もおこってくるのですが、それでおこる弊害については無情になることです。

どんな行動をしようとも、それによって、都合の良いことも、悪いこともおこってきますので、いちいち情に流されていては、前へ進めないのです。

今までの付き合いであったり、人間関係のからみで行動する意欲が薄れてしまうこともあるのですが、そんなことであっても無情になる必要があります。

生きていると、人間関係のしがらみであったり、いろんな環境の弊害がおこってくるのですが、情に流されて改革ができない状態に陥ってはいけないのです。

今の状態を大きく変えたい時は、今あるものをおもいっきり手放すこと、最初の状態に戻す勢いが必要です。

どんな弊害がおころうとも、やるのか、やらないのか二者択一の選択から決断したやるということを貫くべきなのです。

改革することが正解であるのかないのか、それはやってみないとわからないので、どうしても決断が鈍ってしまうこともあります。

そんな状態で、できないと判断したのならば、中途半端に手をつけないで、全くしないことを選ぶのです。

やるならやる、やらないなら全く手をつけない。

このようなはっきりとした行動をとるべきで、中途半端でいつまでも、完了させることができないのが一番悪いパターンなのです。

いずれにしても、どちらを選ぶのか、決断力が必要なのですが、人によっては決断をすることができない方もいるのです。

もしもそうであれば、決断をする土台がまだできていないのです。

一気に全くゼロの状態に戻すことの勇気が出せる人は、毎日の歩みを歩み切っているので、決断するための土台ができているということです。

決断をする土台ができていないのであれば、中途半端に歩んでいる可能性が高いですから、迅速にスピード感をもって、行動することを心がけてください。

小さいことであっても、中途半端にしないでやりきれるようになってくると、自然に勇気が出るようになってくるのです。

やるからには、全くゼロの状態に戻す勇気が必要ですし、一気に決断して行動しなければ、今あるものをおもいっきり手放すこと、最初の状態に戻す勢いも出せずに計画が崩れてしまうのです。

勇気が出せる、毎日を歩み切る生き方をしている人は、自分に自信があるので行動をはじめてやってくる、色々な利害関係にも無情に対応できるのです。

最近では、時代の変化は激しくなっているため、いろんなものが、どんどん変化してくるのです。

激動とも思える変化の激しい新たな環境に適応するためには、今の状態を大きく変えなければならないことも、おこってくるのです。

昔ながらのやり方では、対応できないものが、どんどん増えてきますので、今の状態を大きく変えなければならない時代になっているのです。

もう、誰にも予想がつかない激動の時代に突入しようとしているので今から変化に対応できる自分作りが必須なのです。

あなたの過去の習慣も、どんどん壊していく必要性が出てきているので、新しい考え方や、新しい習慣を身につけることができるように、準備をはじめていきましょう。

今の状態を大きく変えたい時は、今あるものをおもいっきり手放すこと、最初の状態に戻す勢いが必要です。

行動を決断すると、痛みを伴うこともありますが、それでも決断をして改革するのです。

中途半端にしかできないのであれば、全く手をださない。

やるなら、一気に全くゼロの状態に戻す勢いで、迅速に行動していきましょう。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック