他人の課題には、介入しないで、努力による問題解決能力を高め、自分の悩みを自力で解決する



他人の課題は解決できないので、介入しないことです。

自分の課題は自分で解決できるので、努力による問題解決能力を高め、自分の悩みを自力で解決できる力を身につけなければなりません。

自分の課題は自分で解決できるものしかやってこないのです。

ですから他の人の課題には介入しないで、自分にしかできない自分の課題に集中することです。

解決できるといっても、すぐに、簡単に、解決できないこともあるでしょう。

そんな時には、課題を分離すると、1つ、1つの壁が小さくなるので、解決しやすくなってきます。

自分にしかできない課題といえば、内的な課題で不安・恐怖・自信・決断といった、他人には解決できないものがあります。

これらの課題が出てきた時には心穏やかにはいきませんが、それでも自分で解決することができるのです。

このような課題は努力によって解決できますので、努力による問題解決能力を高め、自分の悩みを自力で解決できるように頑張っていきましょう。

相手の都合や環境や状況になると、あなたの努力では、変えられないものが出てきますが、課題はあなたの努力によって、乗り越えられるのです。

しかし、課題が大きく感じるものであると、人というものは、無意識に目を背けたくなって、他人の課題に目移りしてしまうのですが

他人の課題には、介入しないで、努力による問題解決能力を高め、自分の悩みを自力で解決することです。

あなたでしか解決できない課題を直視するように、あなたはあなたをコントロールしなければならないのです。

人によっては自分の課題を見ることができない状況である場合もあるのですが、そんな人こそ、他の人の課題にやたらと干渉する傾向性にあるのです。

他人の課題にどんなに干渉しても、自分の課題を解決することはできませんので、他の人の課題に干渉する暇があれば、自分の課題に向き合うべきなのです。

内的な課題である、不安・恐怖・自信・決断といったものは、完全完璧の解決はできないのですが、常に課題と向き合っていれば、超えていけるのです。

これらの課題は努力していくことで、乗り越えられるコツがわかってくるようになりますので、越えるコツを身につけることができるのです。

知識を高めることによっても乗り越えられやすくなることは事実で、不安や恐怖という感情が、どんなにときに感じているのかを把握することで、乗り越えやすくなります。

人というものは、不安だから挑戦するものですし、恐怖だからチャンスがあるというような、感情の裏を見ながら超えていくこともできるのです。

不安・恐怖・自信・決断といった内的な課題であれば、感情と逆の行動をすることで、乗り越えることができるのです。

いつまでも、自信がないから行動しないでいると、乗り越えることができませんので、勇気を出して、決断からの、行動の努力をしていきましょう。

内的な課題を一つ一つクリアしていくことによって、課題がだんだん小さく見えてくるようになれますので、そこから無意識に行動ができるようになってくるのです。

このような良い循環を作っていくことで、いつの間にか課題が消えていた経験もする日がやってくるのです。

他人の課題には、介入しないで、努力による問題解決能力を高め、自分の悩みを自力で解決するための行動によって解決することができるのです

行動しないで願っても、祈っても、前進することはできませんので、努力の行動をするべきなのです。

時には他の人からのアドバイスを活用することも良いのですが、最終的には本人が行動しなければ、解決できないのです。

知識を学んでも、知っていることを増やしても、行動をしなければ、課題を解決することはできないのです。

内的な課題は時間がかかるものですので、長期で解決するような感覚で取り組んでいくことです。

努力の行動を積重ねていくことで、自然に自信が増えてきますので、他人の課題には、介入しないで、努力による問題解決能力を高め、自分の悩みを自力で解決する
ように、頑張っていきましょう。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

トラックバック