人の記憶は曖昧ですが、身体で覚えたもの、体験したことは、再現ができるので、体験をさせる価値ある教育をする


人の記憶は曖昧で、昔話をしていても、人それぞれ、同じ体験をしていても、違う記憶を持っているものです。

人の記憶は曖昧ですが、身体で覚えたもの、体験したことは、再現ができるので、体験をさせる価値ある教育をすることが必要です。

頭だけで覚えた記憶は忘れやすく、当てにならないものなのです。

しかし、身体を使って体験したことであれば、記憶が忘れてしまっても、身体が覚えているものなのです。

身体が覚えていることは、いつでも再現ができるので、その体験は、価値ある教育であったということになるのです。

そのことから、価値がある教育は、体験をともなったものなのです。

ですから自分の子供には、できるだけ、多くの失敗をさせてあげると良いですね。

失敗した体験というものは、多くのことが学べるので、知識だけではなく、体験をさせるところまでさせてあげたいですね。

しかし、最近の学校教育では、失敗をしてはいけない教育なので、最初から完全完璧を求めてしまうことは、多々あるのです。

しかし、過去の自分を思い起こせば、子供の頃の失敗というのは大事にはなりにくいのです。

ですから、失敗が許される幼少期には、いっぱいの体験をさせてあげたいものです。

多くの体験をさせる価値ある教育をすることができた子供は多くの失敗事例を体験しているので、大人になってからは、同じような失敗はしないですむのです。

親が幼いころ失敗したように、あなたの子供も失敗をするのですから、子供の失敗は、寛容な態度で接してあげてほしいですね。

人の記憶は曖昧ですが、身体で覚えたもの、体験したことは、再現ができるので、体験をさせる価値ある教育をすることです。

最初から完全完璧を求めてしまうと子供は失敗を恐れるようになり、せっかくの体験できるチャンスも活用しなくなってしまうのです。

このような事例は数多く存在していて、人を育てる心の余裕がない親が多いことが、原因になっているのです。

このように考えてみると、多くの体験をしたり、多くの失敗体験を味わって幼少期を過ごせた子供のほうが、少ないのではないかと推測できます。

人が成長するには時間がかかるものですから、たとえ今できなくても、完全完璧を求めないで、成長できるまで、待ってあげる寛容な態度が必要です。

最近は、学校教育で、結論的な知識で教育されてきた親が、子供を育てるので、失敗を責める、無理な教育になってきているのです。

今までの時代は多くの知識を知っていることは、良いことだとされてきましたが、インターネットが普及した今、検索すれば答えがあるので、知識は何の価値もないようになったのです。

それより、体験したことは、再現ができるので、体験をさせる価値ある教育をすることができたかどうかが問題になってくるのです。

自分の子供には、少々の失敗をしてもいいので、どんどん体験をさせてあげることができる環境づくりを作ってあげたいですね。

会社であってもこのような傾向性が現れてきていて、実力がある人は、他人に任せて失敗するより、自分でやった方が早いので、更に人を育てるのことが困難ないょ右京になっているのです。

人を育てるためには時間がかかりますので、忍耐が必要ですし、期限などがある仕事であれば、見守っていく余裕がないことも、多々あることでしょう。

しかし、会社にとって、人を育てることは、重要ですので、忍耐と余裕をもって、社員が成長できる環境作りをしていきたいものですね。

人は教育によって育っていくので、教育のスキルを高めて、体験を通して学んでいく教育の時間を増やしていきたいものです。

体験する機会がどれだけあるのかで、教育に大きな差ができてしまうので、知識を一方的に教える方法ではなく、知識を通して体験ができるように導いていきたいものです。

体験をさせてあげる環境を与えていけば、どんどん成長できますので、一生使えるスキルとして身につけることができるので、体験をさせる価値ある教育をしていきましょう。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック