居心地が良い環境、共感しあえる環境だけでは成長はできないので、共感を手放し、居心地の悪い環境の中で挑戦する


人間が、無意識に求めているのは共感ですが、居心地が良い環境、共感しあえる環境だけでは成長はできません。

居心地が良いと、成長する理由がないので、あえて、共感を手放し、居心地の悪い環境の中で挑戦する必要があるのです。

居心地が悪いとそうにかしようとするので、成長できるのです。

居心地が良い環境でいると、刺激が小さくなるので、固定化されがちです。

あなたと考え方が似ている共感ができる人と一緒にいることで、あなたの価値観や考え方は、どんどん固定化され、強化されるのです。

そんな状態であっては、新しいものを受け入れにくくなってしまうので、共感を手放し、居心地の悪い環境の中で挑戦することが必要になってくるのです。

居心地が良い環境、共感しあえる環境だけでは成長はできないとわかっていたとしても、人間というものは、無意識に共感を求める傾向にあるので、そこから離れたくないとおい気持ちが出てきます。

そんな自分を放置していると、いつまでたっても成長できないので、意識的に共感を手放し、居心地の悪い環境の中で挑戦するようにしていかなければいけないのです。

長年刺激が小さく、固定化されたところで生きていると、どんどん新たな考え方や、新しい行動ができなくなってくるのです。

最近では、時代の変化のスピードがはやくなってきているので、自分も常に変化していき、時代の流れに取り残されないようにしないといけないのです。

新しいことに挑戦していくことで成長していけるので、考え方や、行動が固定化されてしまうとどんどん行動ができなくなってしまうのです。

人間というものは、無意識は共感を求める生き物なので、居心地の悪さを避けようとする気持ちは誰にでも出てくるのですが

居心地が良い環境、共感しあえる環境だけでは成長はできないので、共感を手放し、居心地の悪い環境の中で挑戦する生き方をするべきなのです。

人間というものは、何も考えないでいると、感じたい感情を求め、感じたくない感情を避けようとするのです。

しかし、本能の通りに生きていても成長はできないので、意図的に、本能と逆のことをする環境づくりも必要な時があるのです。

本能と逆のことばかりをしていては、しんどいので、ほどよいバランスで、新たな考え、新たな行動をやっていくべきなのですが、偏りを感じた時は、本能の逆を意識することをやってみてください。

本能と逆のことをするというのは、感じたくない感情が出てくるのですが、それをしないと成長できませんので、小さなことからコツコツと、成長する喜びを感じることができるとやりがいも出てきますね。

その喜びを感じる体験が増えてくることによって、だんだん共感を手放し、居心地の悪い環境の中で挑戦することが、楽にできるようになってきます。

人間というものは、楽をするために生まれてきたのではなく、成長するために生きているのですから、成長するために、最善を尽くしていくべきなのです。

成長ができることにより、出会う人が基準が高い人との関係になったり、環境も整ってきますので、より成長しやすくなるのです。

この世において、一般的な共感というのは高い基準ではないので、居心地が良いものも、成長できるものではない可能性が高いのです。

高い基準で共感ができる環境が整ったら、居心地が良い環境、共感しあえる環境だけでは成長はできないので、共感を手放し、居心地の悪い環境の中で挑戦する。

このような方法で、次の段階を目指して成長していくようにしてください。


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック