頭で描いた夢はエネルギーが弱い、心の内から湧き出る強いエネルギーの夢であれば、実現しやすいので、ワクワク感をもって夢の実現だけに集中する



頭で描いた夢はエネルギーが弱いので、行動も継続できず、夢が叶わないのです。

心の内から湧き出るエネルギーが強い夢であれば、実現するための行動も、ワクワク感をもっているので継続しやすく、夢の実現だけに集中することもできるのです。

多くの人が、夢を描いているのですが、実現する人と、しない人とは頭で描いているのか、心で描いているのかで、結果が違ってくるのです。

頭で描いた夢というものは、やらなければならないという義務感で行動するので、行動にも勢いがありませんし、叶えたいという意思も弱いのです。

しかし、心の内から湧き出るような夢であれば、叶えたいと願うエネルギーが強いので、夢を実現するための行動を、ワクワク感をもって、夢の実現だけに集中していけるのです。

心の内からやりたいであったり、実現したいと願う心があると、情熱で描いている夢なので、行動も、本気度をだして継続できるのです。

ですから夢を実現するためには、心の内から湧き出てくる想いなのか、頭で考えた思いであるのか、確認してみると良いですね。

その傾向性が、行動を始めて行動を続けるエネルギーが、どの程度出していけるのかを分けていきますので、行動を続けるために、情熱というエネルギーが必要なのです。

はじめは情熱をもって、取り組んでいたとしても、生身の人間なので、やる気が出ない気持ちになることはありますし、時にはさぼりたいと思うことも出てくるのです。

そんな時に、心の内から湧き出るような夢であれば、叶えたいと願うエネルギーが強いので、夢を実現するための行動を、続けていくことができるのです。

生きていれば調子が良い時、悪い時と、いろんなことがおこってくるのですが、心の内から湧き出るエネルギーが強い夢であれば、習慣の力で継続できるのです。

人には限界があるので、エネルギーと時間をいかに夢の実現のために集中することができたか。

どれだけ投入することができたかで、実現までの道のりも変わってくるのです。

実現するためには行動することが、必須条件になりますので、行動が継続できていれば、実現するのは時間だけの問題なのです。

頭だけで描いた義務感で動いている夢というのは、エネルギーが弱いので、ちょっとしたアクシデントで行動が止まりやすいですし、行動の継続ができねいので実現できないのです。

結果、大きな差となって現れてくるのですから、夢を実現しようと思った時にはあらかじめ、その夢は、頭なのか心なのかを自己分析すると良いですね。

外の環境であったり、他人から、夢を描かないといけないと言われ、無理やり夢があると思い込んでいく方もいるのですが、強制的に描いた夢も、あなたの内から湧き出てくるものではないので、叶いにくいですね。

ですから他人や環境に影響されて、夢を無理に描く必要はないのです。

夢を描きたいのであれば、まず夢を描けない自分を受け入れるところからはじめます。

受け入れることができた後には、夢を求めたくなる自分、夢を探すようになる自分が出てきますので、そんな状態からの夢であれば、本物の夢になりやすいのです。

誰でも情熱はあるのですが、今まで生きてきた中で、情熱を抑えられた経験であるとか、無理に抑えてきた経験があると、無意識に情熱を抑えようとするあなたが出てきますので、叶えたい夢が出てこないこともあるのです。

そんな人は、情熱を目覚めさせるところからはいめないと、強いエネルギーを持つ夢は描けないのです。

情熱は理屈ではなく、心から感じる実現しようとするエネルギーです。

その情熱を目覚めさせるために、自分の心に聴くことが必要なのですが、そんな人にかぎって、余計な情報ばかりを入れてきているので、なかなかうまくいかないことが多いのです。

ですから心の声を聴くために、静かなところで瞑想をすることは大きな効果が期待できます。

理想は静かな場所で瞑想をすると、不必要なものが流れていき、心の中がスッキリしてきますので、そんな状態が作ることで、心の声が聴こえやすくなるのです。

頭で描いた夢はエネルギーが弱いので、叶えられないのです。

心の内から湧き出る強いエネルギーの夢であれば、実現しやすいので、ワクワク感をもって夢の実現だけに集中することです。


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック