一生懸命に最善を尽くすことをしてもできないことは、諦めるのも、一つの選択肢なので、ダラダラ、中途半端にしないで、諦めるかどうかを選ぶ



あなたに向いてなかったり、楽しくできないことは、一生懸命に最善を尽くすことをしてもできないことはあるのです。

一生懸命やって、できないのであれば、諦めるのも、一つの選択肢なので、ダラダラ、中途半端にしないで、諦めるかどうかを選ぶよいにしなければなりません。

昔の考え方を持った人や、真面目な人は、何事も諦めてはいけないという思想を持っている可能性があるので、続けることを勧めようとします。

その人に、向いてないことだったり、苦手なことであっても、気合や根性で続けたら、なんとかなるという思想を持っているのです。

しかし、人それぞれの個性がありますので、人によっては一生懸命やってもできないことは、あるのです。

ですから一生懸命に最善を尽くすことをしてもできないことは、諦めるのも、一つの選択肢なので、ダラダラ、中途半端にしないで、諦めるかどうかを選ぶことです。

よくよく考えてみると、得意なことというのはそんなにおおくはないはずですから、得意なことより苦手なことの方が、多い確率が高いのです。

あなたに向いてなかったり、楽しくできないことは、一生懸命に最善を尽くすことをしても、上達できない可能性が高いので、大抵のことは諦めてもいいのです。

やめる時にはキッパリ諦めてやめることが肝心ですね。

そんなキッパリとした決意をできるようにするためには、諦める前に一生懸命に最善を尽くす期間があったということが前提になるのです。

ダラダラ、中途半端にやっていると、本当にできるのか、できないかの判断もわかりませんので、ハッキリするためにも、ダラダラ、中途半端にしないで、諦めるかどうかを選ぶことです。

昔の考え方を持った人や、真面目な人に命令されたので、やる気はないけどダラダラ、中途半端にするということは、時間の無駄なのです。

はやめに諦めることで、解放されてスッキリできますので、次の挑戦へと移ることができるのです。

ダラダラやる人は、何をやっても中途半端でダラダラやることに、違和感を持っていない場合も多いのです。

中途半端にしかしないのであれば、最初から何もやらない方がいいので、やるかやらないか、やると決めたらとことんやると、ハッキリしているべきなのです。

最近の時代の変化は早くて大きいので、中途半端な人やダラダラやっていては、いつまでたっても使い物にならないのです。

中途半端なダラダラやっている人と、仕事を一緒にしていると、弊害が自分にまで降りかかってくるので、そんな人に、構っている余裕がない場合は多いのです。

これからの時代には、一生懸命に最善を尽くす人が必要な時代へとなっていきますので、日常生活の習慣から、迅速な行動を心がけていくと良いですね。

一生懸命に最善を尽くすことをしてもできないことは、諦めるのも、一つの選択肢なので、ダラダラ、中途半端にしないで、諦めるかどうかを選ぶようにするべきなのです。

中途半端な歩みをしていると、他のことであってもダラダラやることが習慣になってしまうので、一生懸命にやる習慣であったり、最善を尽くす習慣を、日常生活から取り入れるようにすると良いですね。

いつもダラダラして生活していると、そのクセが大事なところで出てしまう可能性も高いので、ダラダラできることに、違和感を持っていくべきなのです。

日ごろから、いろんなことを一生懸命にやる人であれば、一生懸命にできることを、自然に選べるようになってきますので、どんどん前進していけますね。

向かないことであれば、キッパリ諦めることができますので、諦めるのも迅速にでき、そこからまた次のことの挑戦もできるのです。

本気で行動する人は、やるべきか、やらないことを選ぶべきか、迅速に判断をすることができるのですが、ダラダラやる人は、次のことが見えてこないので、前進していけないのです。

一生懸命にやることが習慣となり、最善を尽くすことを続けていくと、おもいっきり投入をしているので、真空の状態をつくれるのです。

真空の状態ができると、そこから今まで見えなかったものが見えたり、聞こえたりできるようになりますので、迅速によりよい判断をすることができるようになるのです。

ですからダラダラするという悪循環の習慣は、できるだけはやいうちに、やめるべきですね。

一生懸命に最善を尽くすことをしてもできないことは、諦めるのも、一つの選択肢なので、ダラダラ、中途半端にしないで、諦めるかどうかを選ぶ歩みで頑張っていきましょう。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック