一つの選択肢としてクレーマーみたいに批判する人に対して、空しさを与えるために無視することもやっていくべきです。


世の中には、理想論やきれいごとで、なりたっていくものも存在するのですが、理想論やきれいごとを多く知っている人にかぎってクレーマーみたいに批判するのです。

そんな批判をされないように撃退するためには、一つの選択肢としてクレーマーみたいに批判する人に対して、空しさを与えるために無視することもやっていくべきです。

全てのものを受け容れるという考え方がある中、無視をするという行為をすることに、大きな抵抗感を感じる人もいることでしょう。

しかし、反論しても、理解し合えない相手には、無視をすることを一つの選択肢として持っておくほうがうまくいきやすいのです。

よくよく観察してみると、何をやっても批判する人は、あなたの周りにもいるはずですから、そんなひとには無視をする必要があるのです。

せっかくあなたが前に進もうとしているのに、批判して邪魔をしようとする人がいると、あなたはうまく前に進むことができなくて、大きな被害を被るのです。

あなたが大きなことをやろうとしたら、必ず批判する人は表れてくるものです。

日本においては他の人と変わったこと、目立ったことをしようとすると、批判をする人が出てくるのです。

どうでもいいことに、こだわりをもって、批判してくる人、そんなクレーマーにあなたのやる気を奪われてしまうと大きな迷惑ですね。

一つの選択肢としてクレーマーみたいに批判する人に対して、空しさを与えるために無視することもやっていくべきです。

クレームの特徴としていえるのは、いつも批判できることを、無意識に探していているので、批判を天才的にみつけるのです。

どうでも良いことを批判する人であったり、クレーマーとかかわっていると、あなたの時間やエネルギーが、奪われてしまうのです。

クレームの人とは、何を話しても無駄になるので、時間とエネルギーの無駄になることは、はじめからしないようにすると良いですね。

クレーマーみたいに批判する人に対して、言わないようにコントロールすることは、かなり難しいことですので、あなたはコントロールができないことにははじめから、かかわらないようにするのです。

クレーマーみたいに批判する人は、いつも批判をしているので、もしも一理ある批判をしたとしても、みんなに軽くあしらわれて、肝心なときに肝心なことを伝えることができなくなるのです。

いつもの批判にみんなが慣れてきてしまっているので、肝心なことであっても軽くあしらわれてしまうのです。

ですから他の人に対して批判的なことばかりを思いつて、仕方がないと感じたなら、批判したいことがあっても言葉に出さないようにするべきなのです。

行動に移さないで、ある程度の悪い傾向はおさえていくことができますので、自分が自分の批判したいこと自体を無視することも必要です。

ほとんどの人は、褒めてほしいのであって、批判されたいと思っているのではないのです。

ですからよかれと思って批判しても、ありがたく思ってくれる可能性は低いのです。

前に進もうとする人を批判して、前進することを邪魔しようとするような暇な人は、構ってほしいので、クレーマーみたいに批判する人に対して、空しさを与えるために無視することもやっていくべきです。

批判してきたら、激論するより、相手にしないで無視をして、空しさを与えるようにするのが賢明なのです。

無難な道を歩んでいれば、批判される可能性は低くなるのですが、この激動ともいえる、変化のスピードがはやい時代に、無難な道を歩むことは、できなくなっているのです。

無難な道を歩んでいては、時代の流れに乗り遅れてしまいますので、時代の変化に対応できるあなたになるためにも、行動していく必要があるのです。

スピード感のある行動であったり、他の人よりも一歩前に進むことをすれば、必ず目立ちますので、批判されるのです。

そんな、あなたの足を引っ張ろうとする批判に、あなたは対応して、時間とエネルギーを奪われることになってはいけないのです。

相手をしても、理解できず、切りがないので無視をしながら批判が過ぎ去るの待つのが賢明なのです。

批判をする人やクレーマー相手に批判やクレームをすることが、悪いことだと説得しても、習慣になっているので、簡単に止まることはないのです。

あなたは相手の習慣を変えることはできませんので、気づかせるためにも無視するのです。

前に進む人は貴重な存在で、前に進む使命を持っている可能性も高いのです。

そんな使命をもった、貴重な存在が、無駄なことに時間とエネルギーを奪われ、本来の仕事に支障をきたしてはいけないのです。

一つの選択肢としてクレーマーみたいに批判する人に対して、空しさを与えるために無視することもやっていくべきなのです。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック