大量の情報や人脈を集めても、使い物にならないので、質の良い情報や質の良い人脈を求めて価値の提供ができるようにする




行動の場合であれば、大量の行動をすることにより、質の良い行動が生み出せます。

しかし、大量の情報や人脈を集めても、使い物にならないので、質の良い情報や質の良い人脈を求めて価値の提供ができるようにする必要があります。

何でも多ければいいということではないので、よりよい価値の提供ができるようにするにはどんな方法が効果的であるのか、よくよく判断するほうが良いですね。

不必要なものをいっぱい集めてしまうと頭の中が、混乱してしまったり、迷う原因ともなってしまいますので、行動の妨げにならないように、取り入れるものを選ぶ必要があるのです。

いずれにしても、多くの情報が溢れている現代においては、全ての情報を知ることは、不可能ですので、多くの情報は必要ないのです。

一部のことしか知ることができなくても、あなたが極めたい分野で価値の提供ができる最新情報でも入手できたとしたら、大いに活用することができるのです。

一昔であれば、多くのことを知っていると、価値があると判断される時代であったのですが、最近ではインターネットが普及してきたので、たとえ知らなくても、必要になった時、検索で調べれば、どほとんどのことが、どうにかなるのです。

学校では、暗記教育が行われていますが、知識は暗記するものではなく、活用するものなので、暗記が多くできていても、それが有利に働くことは少ないのです。

さらに、これからの時代はコンピューターに保存ができるので、検索と保存を効果的に使える能力があるほうが、随分役にたてるのです。

それに、記憶は薄れていくものですし、人の記憶は曖昧ですから、後々のことを考えると、記憶しなければならない理由はあまりないといえるでしょう。

これからの時代は大量の情報や人脈を集めても、使い物にならないので、質の良い情報や質の良い人脈を求めて価値の提供ができるようにする方法をちるのが賢明なのです。

記憶するのでしたら、必要なものであるのかどうかを見極めて、より質が高いもの、価値がある知恵を見い出すことができる分野に絞って記憶するべきですね。

この情報が溢れている現代においては、何もしなくても、あなたのもとへ、不必要な情報が毎日のようにやってくるのです。

それにいちいち反応していたのでは、情報の取りすぎになってしまいますので、常に情報は質を求めて、不必要な情報は取り入れないようにこころがけてください。

実際に活用できる価値がある情報は、あなたが選んで、あなたがとりに行くのです。

あなたが求めていくことで、新しい価値を生み出すことができるようになってくるのです。

くだらない他人や周りの環境から情報を入れるのではなく、あなたの夢や希望を叶えるために、必要なことを、あなたの意志で選んで取り入れるのです。

これからの時代は何かを多く知っていることには何の価値がない時代ですので、くだらない他人や周りの環境から情報から、くだらない論争になるのは避けたいですね。

無駄に時間とエネルギーを消耗させてしまうものに影響されるのではなく、あなたが極めていこうとしている分野の質の高い情報をあなたが追い求めるのです。

極めようとしている分野の専門家としての土台をつくることができれば、その情報を活用して、人の役のたたせることができるようになりますので、あなたが極めたい分野の専門家を目指すとより良いですね。

あなたが極めようとする分野で膨大な情報量を持つことができると、それはおおいにあなたの強みになるのです。

あなたが得意とする分野の、これしか知らないという専門家になれれば、それは、この分野は任せろということになりますので、そうなると、あなたの価値も上がりますね。

どんなに多く知っていても、それは実際に活用できる情報でない場合がほとんどなので、知っているかどうかであるとか、そこから論争をするとか、そんな時間とエネルギーの無駄遣いはしないほうが良いのです。

あなたが何かの分野で特化したものを極めることができると、相互で自立している人との相互依存というものもできるようになるのです。

これは、自立していて、何かを極めたものどおしで強力しあい、相互依存から、より大きなものを生み出していく作業です。

相互依存ができない自立できない人とであれば、当たり障りのない関係を維持していくことしかできないのですが、自立している人とであれば、相互依存からの展開の可能性を見出していけるのです。

そうなれば、互いの力を活用して、相乗効果も得られるようになりますので、あなたはいちはやく、自立した専門家になるべきなのです。

大量の情報や人脈を集めても、使い物にならないので、質の良い情報や質の良い人脈を求めて価値の提供ができるようにすることで、自立した専門家になれますので、頑張っていきましょう。


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック