究極の理想論であっても、教えている人ができないことは教えてはいけない、ゴールと現在地の両方を見て、一歩一歩着実に進めるように導いていく


たとえ、それが、究極の理想論であっても、教えている人ができないことは教えてはいけないのです。

無理に教えて追い込むのではなく、ゴールと現在地の両方を見て、一歩一歩着実に進めるように導いていくようにそなければなりません。

理想論やきれいごとを言っていれば、文句のつけようがないのですが、できないことを教えるのは、いじめなのです。

究極の理想論であっても、できないことを教え込むと、教えられたものは、できないので行き場がなくなってしまうのです。

理想論や、結論的なことを教えられても指導者が、できないようであれば、それはあなたの問題ではなく、教える側に問題があるので、まともに受けて、落ち込まないようにするべきなのです。

問題は知っているかどうかで判断するのではなく、できるかどうかで判断するべきですね。

自分ができないことを教えている人は、どんなに地位が高くても、指導者ではなく、いいめている人であるのです。

自分ができないのに、理想論やきれいごとだけを語る人は、指導者として、力不足なのです。

そうではなくて、実際に導ける人が、本物の指導者ですので、究極の理想論であっても、教えている人ができないことは教えてはいけない、ゴールと現在地の両方を見て、一歩一歩着実に進めるように導いていくようにしなければなりません。

指導者というものは、方向を指し示し、その方向に導ける人が、本物の指導者であるのです。

このことをふまえて、指導者である立場にたったら、ゴールと現在地の両方を見ながら、一歩一歩着実に進めるように指導していくべきなのです。

口だけで、理想論やきれいごとばかりを並べても、言っている本人ができないのであれば、ただ他の人よりも、知っていることが多いだけの人なのです。

持っている知識を自慢げに話して、自己満足しているだけなのですから、そんな言葉に影響されて、落ち込むことがないように、気をつけていくべきなのです。

自分ができないことを、他の人に押し付けるという行為は間違っているのですから、そういう指導者に、あなたは質問するのはやめておいたほうが良いですね。

自分が行動で示すことができない評論家に聞くより、最近ではインターネットの普及により、検索機能が使える時代になりましたので、自分で検索して調べるほうが良いのです。

そのほうが、簡単に情報が出てきますし、自分でその情報は生かせるものなのか、そうでないものなのか、選んでいけるのです。

インターネットの普及により、検索機能が使える時代になりましたので、うまく使いこなせる技術を身につけ、一人一人で知識や情報を学んでいく方向へ歩んでいけると良いですね。

本物の情報というのは、現実に活かせられるものですので、どちらに当てはまるのか、課題は自分で解決していくほうが良いのです。

究極の理想論であっても、教えている人ができないことは教えてはいけないのです。

指導者は、ゴールと現在地の両方を見て、一歩一歩着実に進めるように導いていく必要があるので、教えている人ができない情報が入ってきても、影響されないようにするべきなのです。

現実を観察してみると、言っていることを本当に実行に移すことができる人は、ほとんどいないのです。

ですから指導者が必要なのではなく、多くの場合は検索から、情報や知識を入れる歩みをしていくほうが良いのです。

究極の理想論であっても、教えている人ができないことをまともに受けてしまうと、正しい知識や情報が得られていないので、前に進めないという状況に陥ってしまうのです。

あなたの周りには、実際に活用ができない情報で溢れているので、そんな情報に惑わされて、前に進めない状況を作ってしまってはいけないのです。

本物の指導者は努力を続けて行動している人なので、ゴールと現在地の両方を見て、一歩一歩着実に進めるように導いていくことがでないのならば、指導者に頼るのは避けたほうが無難なのです。

人に頼るのではなく、個人、個人が小さなことでも色々な分野において、常に最善を尽くしていきながら本物の指導者に近づいていけると良いですね。

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック