今を貴重視、行動の希少性を理解して、行動は今しかできないことを腑に落とす、常に先延ばししない習慣を身につける


今を貴重視していないと、無駄な時間を使っていても気付きません。

行動の希少性を理解して、行動は今しかできないことを腑に落とす、いかに時間が大事なのかき気付かなければなりません。

常に時間を大事にし、行動を先延ばししない習慣を身につける必要があります。

行動はいつでもできるから、後でも良いと、先延ばしにする習慣をもっていると、いつまでたっても行動に移せないのです。

今しかできないと思ってすぐに行動にうつす人は今を貴重視しているので、無駄な時間を過ごさなければならなくなると、居心地が悪くなるのです。

いつでもできると思って、いつまでも行動を先延ばしにしていては、いつまでたってもできないのです。

今の行動というのは今しかできないので、今を貴重視、行動の希少性を理解して、行動は今しかできないことを腑に落とす、常に先延ばししない習慣を身につける必要があるのです。

過去にさかのぼって行動はできないし、未来に行って行動はできないので、行動は今しなければならないのです。

いつでもできるとか、そのうちにとか、いつでもできると先延ばしにしていては、永遠に行動できる時が来ないのです。

先の延ばしてしまうことにより、スタート地点が遅れるので、延ばしを続ければ続けるほど、遅れるのです。

先延ばしが癖になってしまって、習慣になってしまっていては、どんどん遅れをとってしまうことになるのです。

思い立ったが吉日、今を貴重視、行動の希少性を理解して、行動は今しかできないことを腑に落とす、常に先延ばししない習慣を身につけるようにしていきましょう。

即行動をすることができれば思ったことが流れませんので、折角のチャンスを流さないためにも、良いヒラメキがあった時は、とくに、早急に行動するべきなのです。

ついつい行動を先延ばしにしてしまう人というのは、いろんなことも、先延ばしにしてしまう傾向にありますので、行動は今しかできないことを腑に落とす、常に先延ばししない習慣を身につけるべきなのです。

人が死に際に後悔することは、行動をして失敗をしたとう点ではなく、行動しなかったという後悔なのです。

完全完璧に後悔しないようにはできなくても、行動量を増やすことにより、随分後悔しないですむことができますので、行動を先延ばししない習慣を身につける必要があります。

後悔を少なくできるということは、充実した人生を歩んだということにもなりますので、今から、今日から迅速に行動することを習慣にしていきましょう。

行動をしないと何事も成すことができませんので、チャンスが流れないようにするためにも、行動が必要なのです。

あなたの夢や希望は、どんなに願ってたり、どんなに祈ったりしても、行動がなければ叶いませんので、即行動をして流れてしまわないようにしていきましょう。

いかに時間というものは代位なのか、時間というのは生命そのものであると、府に落とすといままでの行動しなかったことを、深く後悔することになるのです。

人の時間を奪う人がいますが、それがいかに大きな犯罪であるか、よくよく理解しないといけません。

自分の時間は自分で守ることをしていき、他の人の時間を奪わないように、心がけていかなければなりません。

時間の重さが理解できれば、今の瞬間を大切にするという意味も腑に落ちますので、行動に本気度が加えることもできるようになるのです。

今投入したことが、未来に結果として現れてくるので、今種を蒔かなければ結果を実らせることができないのです。

今の良い原因を蒔いて、未来に良い結果を実のさせたいものですね。

今を貴重視、行動の希少性を理解して、行動は今しかできないことを腑に落とす、常に先延ばししない習慣を身につけることで、未来の良い結果を手にしていきましょう。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック