ネガティブな情報は一切必要ないので、余計な情報・無駄な情報・害になる情報を入れない。前向きになる情報を入れ続けポジティブになる良い循環を作り上げる


多くの方は、ネガティブな大人の中で育ってきたので、ネガティブになってしまっています。

過去は変えられないので、今からは、ネガティブな情報は一切必要ないので、余計な情報・無駄な情報・害になる情報を入れないようにするべきです。

前向きになる情報を入れ続けポジティブになる良い循環を作り上げることができれば、あなたはポジティブになることができるのです。

基本的に、ネガティブになってしまっている人の多くは、ネガティブな環境で育ったであるとか、ネガティブになる教育を受けてきた環境に原因があるのです。

最も大切な時期である、自我が確立する前に、そんなネガティブな情報ばかりを浴び続けてしまうと、どうしても、ネガティブになってしまうのです。

0才から3才までの影響は、非常に大きな影響を受けてしまいますので、この土台を作る時期に、ネガティブになる環境にいると、前向きになる情報を、より多く入れなければいけないこととなります。

14才くらいになると、自我が確立されてしまうので、幼少時に育った環境や教育は、生涯にわたって大きな影響をうけることとなってしまうのです。

過去の環境はどうにもならないので、今からネガティブな情報は一切必要ないので、余計な情報・無駄な情報・害になる情報を入れないように、変えていかなければなりません。

自我が確立されてしまうまで、ネガティブな環境で育った人は、無意識にネガティブなことを考えてしまう傾向にあります。

自我が確立されてしまうまで、その環境で育ったならば、ネガティブなことを思うのは、仕方がないことなのですが、そのままではいけないので、前向きになる情報を入れ続けポジティブになる良い循環を作り上げる環境に変換しなければなりません。

ネガティブな環境で育てた大人自体も、ネガティブに育てられた可能性が高いので、ネガティブなことを考えてしまう傾向を変換していくべきなのです。

今までの環境の影響を恨んでも仕方がないので、ネガティブな情報は一切必要ないので、余計な情報・無駄な情報・害になる情報を入れない環境作りに意識を向けていくのが良いですね。

ネガティブな人に必要なのは、ネガティブな情報ではなく、前向きになる情報ですので、どんな情報を受け取っている環境なのか、今現在の環境を確認してみると良いですね。

これからは、ネガティブな発想を強化させてしまう環境を自分の意志でコントロールし、前向きになれる、ポジティブになれる情報に変えていく必要があるのです。

多くの人の環境というものは、何もしなければ、ネガティブな情報が入りやすい環境にいるのですから、悪い情報ばかりが浴びやすい環境を、意識的に変えていくのです。

前向きになる情報を入れ続けていくことで、バランスが崩れ、ポジティブになれる時期は必ず来ますので、前向きになる情報ばかりを入れ続ける環境を作ってください。

日ごろ暮らしている環境というものは、思っている以上に大きいので、無意識に入っていく情報にも気を使って、良い環境を自分に与えていくのです。

ネガティブな伝統が続いている家庭であれば、いきなりあなた1人が変えていこうとしても、うまくいかない場合も多いでしょう。

しかし、どこかで切らないと、いつまでもネガティブな伝統が続き、自分の子供にも、悪影響を及ぼしてしまいますので、良い方向へと転換できるように、工夫しなければなりません。

ネガティブな影響を与えるメディアにも、注意する必要がありますので、そんなものが多いとされる、テレビや新聞は、見る時間を限りなく少なくしていくと、効果は出てくるでしょう。

マスコミは、事件、事故を報道すると視聴率が上がるので、これからも報道し続けると思いますが、視覚、聴覚に悪い刺激を与えるので、充分気をつけるべきなのです。

ネガティブな情報は一切必要ないので、余計な情報・無駄な情報・害になる情報を入れない。

前向きになる情報を入れ続けポジティブになる良い循環を作り上げることを続けていくと、どんどんポジティブになっていけるので、はじめはぎこちなかったことでも、テレビや新聞を見ないことが、楽にできるようになるのです。

それと平行して、ネガティブな考えや思いが湧き上がってきたら、意識的にコントロールするようにしていくことで、更に効果は高まります。

ネガティブな情報は一切必要ないので、余計な情報・無駄な情報・害になる情報を入れない。

前向きになる情報を入れ続けポジティブになる良い循環を作り上げることをしていくことで、質の高い行動であったり、質の高い情報が入ってくるようになってきます。

進化成長するためには質の高い行動であったり、質の高い情報が必要なのです。

情報の質が変わればどんどん成長していくことができますので、自分からも、質の高い行動であったり、質の高い情報が入ってくるように環境整備、していきましょう。

ネガティブな情報は一切必要ないので、余計な情報・無駄な情報・害になる情報を入れない。

前向きになる情報を入れ続けポジティブになる良い循環を作り上げる方向で、頑張っていきましょう。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック