価値観が多様化されているこれからの時代に合わせて、極端に一つのことに集中、一つのことを徹底的に極めていく


いろんな情報が溢れてきた今、価値観が多様化される時代になってきました。

そんな時代に合わせて、これからは、極端に一つのことに集中、一つのことを徹底的に極めていく極端な人が成功できる時代へと変わったのです。

過去の時代はなんでも合わせていける、平均的な人が求められてきた時代でしたが、これからの時代は極端な人が求められるようになったのです。

一昔であれば、平均した価値観であれば、無難に生きていくことができたのですが、現代では価値観が多様化される時代へと変化したのです。

価値観が多様化されている時代になると、うまくバランスを取ろうとする生き方はできなくなるのです。

バランスを保とうとすると、振り回されるので、バランスは取れない時代へと変化したのです。

過去の時代は平均的なことをすることによって、バランスが取れて、安心安定を得ることができたのですが、そんな生き方は、現代では通用しなくなったのです。

これからは、価値観が多様化されているこれからの時代に合わせて、極端に一つのことに集中したり。一つのことを徹底的に極めていく生き方をすることで、成功できる時代になったのです。

極端なことを求められている今においては、無難に平均的に、そこそこできる人は、必要性がなくなってきてしまったのです。

過去の成功者を観察してみると、才能を開花させている成功者は基本的には極端な人であることがわかります。

極端に一つのことに集中、一つのことを徹底的に極めていく生き方をしてきたので、それしかできないくらいにバランスが崩れていることがわかります。


極端なことをするというと、自己アピールをして目立つ方向へと向かう人がいるのですが、自己アピールではなく、必要なのは極端に何かに特化してきることなのです。

極端に一つのことに集中していくと、他のことをしていないので、極端にできないこともおこるのですが、そうであっても極端に一つのことに集中、一つのことを徹底的に極めていく生き方をした人が性向できるのです。

極端な人になろうとすると、人の目が気になって、行動を鈍らせてしまう人がいますが、人は他人には興味関心がないので、あなたが思っているより、自分は誰にも見られていないという真実を知ることです。

それに気付くことで、見られているというのは単なる思い込みであるので、自意識過剰になったりしないでいられるのです。

自意識過剰になってしまうと視野が狭くなってきますので、自分で自分を窮屈にしてしまうのです。

ひと昔であれば、極端なことをすると、目立つこともありましたが、今の時代は極端なことをやっていてもあまり目立たない時代へと変化したのです。

最近では、自己重要感を満たしたい人が増えてきましたので、他人のことより、自分のことだけを考える時代へと変化したのです。

自分は特別な存在だという自己重要感を満たしたい欲求をもった人の中であれば、自分のことだけを考えている人ばかりなので、他の人に興味関心がないのです。

最近においては、外的な物の多くが満たされているので、人の欲求は、物質にいくのではなく、多くの人が自己重要感を求める時代になったのです。

こんな時代においては、極端に何かかできないと、良い価値の提供もできないので、淘汰されていく人になってしまうのです。

昔と違って、最近では、価値観が多様化されているこれからの時代に変わったのです。

その時代に合わせて、極端に一つのことに集中、一つのことを徹底的に極めていくことで、あなたの存在意義が、高まっていくのです。

このことから、一つのことを徹底的に極めていく方向で歩まなければならない時代になりましたので、あなたが極めると決めたことに集中が必要です。

あなたが持っている時間やエネルギーを極めることに集中するために、やらないことを決めることも大事なことです。

時間やエネルギーは無限にあるわけではないので、無駄なことに使わなくても良いように、環境整備するべきです。

バランスが取りようがない時代にバランスを取ろうとするのはナンセンスです。

それより極端な人になって、価値の提供ができる人を目指すべきなのです。

価値観が多様化されているこれからの時代に合わせて、極端に一つのことに集中、一つのことを徹底的に極めていく生き方で、歩んでいきましょう。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック