危険な方向を選ぶ勇気

普通であれば、危険な方向を選べば、すべて正解とは思わないと思います。

右に行くと崖があり、落ちて死んでしまうというのに右に進むということは、普通ではしません。

ここでは人生で、どちらに進むか選択することのお話です。

できれば選択は、楽な方向や自分が得する方向を選びたいですよね。


それでは「花」を想像してみてほしいのですが

花や木って、嵐などを乗り越えて、満開になります。

嵐の時にも花や木は、家やビニールハウスに、逃げ込むことができません。

成長するためには、嵐などに、耐えさせる危険を乗り越えさせなければいけないのです

花にとっては満開の花を咲かせることが、成長です。

花や木にとって、満開の花を咲かせることが避けられない危険です。


本物の、感動や快感、自分の勝利は危険のその先にあるものです。

死と隣り合わせのところまで、全力を尽くした時に、自分が知らなかった自分の中にある信じられない力が湧き出してきます。

死ぬ以外は、リスクでも危険でもないということになります。

死ぬまで、挑戦や危険な行為を行い、自分を追い込むとだんだんと辛くなくなってきます。

自分の中で習慣になってくると「あたりまえの行動」になってきます。

大きな成功をするには、決して危険やリスクを避けては通れないということになります。

危険な行動を選べば、すべてが正解ということですので無理のない範囲内で、たくさんのことに挑戦することをお勧めします。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック